iPadを買ったらiTunes USアカウントがないとつまらない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

iPadをゲットして数日たちます。

その間ダウンロードしたappは、1Password以外はすべて無料です。

そしてその大半はUS appです。

正直、日本のappストアは有料が多いけど、魅力的なものが少ない。

まぁ、これは使い方にもよるので一概に言えませんが、私に限って言えばそうでした。

ちょっといいな、と思うと有料。

別に有料でもいいです。本当に魅力的ならば。

でも、US appの方に目を向けると無料でも魅力的なappがたくさんあるんです。

特に、ニュースやブック関係がそうですね。

日本で無料で新聞が読めるのは産経新聞しかありません。

しかも新聞形式で読めるのはほんの一面のみ。

しかし、アメリカだと違います。

USA TodayやNew York Times、Wall Street Jurnulなど主立ったところが無料で、しかも全部読めます。

ブック関係も、日本で無料なのはiBooksとdBooksくらいですが、アメリカでは、AmazonのKindleをはじめ、Berns & NorbleのeBooksとBordersがあります。

書籍も少ないながらに無料で読めるものがあります。

日本は電子書籍はまだまだ遅れていますね。

出すとしても有料。

でも、アメリカだと無料をたくさん出すことで、有料を買ってくれるお客さんを掴んでる。

実際、アメリカのAmazonではKindle形式の書籍がハードカバーを超えたといいます。

これは、日本の書籍に比べアメリカではハードカバーが重く高いのもあるので一概には言えませんが。

それを差し引いても日本は遅れているな、と。

ニュースやブック関係以外のappもアメリカでは無料で魅力的なのが多いので、iPadを買ったらiTunes USアカウントが欲しいですね。

とはいえ、USアカウントを取るにはアメリカ発行のクレジットカードかアメリカ国内向けのiTunes Cardがないと取得できないことになっています。

…が、こちらで裏技的にアカウント取得の方法が書いてあったので取りました。

でも、私の使い方をするには有料も欲しいから、アメリカ国内向けのiTunes Cardが欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする