IP電話はまだ必要なのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

一昨日、NTTからのレンタル品であるIP電話対応のルーターが故障し、一時的にTime Capsuleで対応していました。

Time Capsule でもなんの問題もないんです。

ある一点を除いては。それはIP電話です。

このためだけにレンタルしているというおかしな話し。

そこでフと考えたのは、「IP電話はまだ必要なのか?」と言ったことでした。

IP電話が出たADSLの時代は、やっと常時接続というものが浸透し、電話代は固定電話も携帯電話も高い時代でした。

その中で、安くなる、条件さえ揃えば通話無料になる、というのがウリでした。

だけどその後、ソフトバンクが一部時間帯のみソフトバンク同士なら通話無料というホワイトプランを打ち出した。

今は、auでも月380円(税別)で3番号まで24時間通話無料になる。

PHSですが、ウィルコムもウィルコム同士なら無料になる。

そして何より、Skypeがある。

SkypeならSkype同士の音声チャットは無料。Skype Outを利用しても料金は安い。

そう考えると、IP電話の必要性ってどれだけあるんだろう?と考えてしまった。

とりあえず今、IP電話で通話無料にしているのは、数名なので他の手段を考えてIP電話を解約しようかと思う。

こう考えると、時代ってどんどん変わっているんだな、と思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする