NeoOfficeをインストール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

Macが到着してから、一週間ほどたちます。
その間、OSXの設定やHTMLエディタやホームページ作成ソフトのお試しで時間が取られてました。
そして気がついたら、Office softがない!
かと言って、MicrosoftのOfficesoftなんて買えません。
なんで無料のソフトまで入れてるの?
なんでこんなにソフト入ってるの?って感じで、価格はめちゃ高。
Windowsユーザー向けのように、WordとExcelだけでいいんですが。
なぜか、Macユーザーにはそうはしてくれないみたいですね。


ということで、NeoOfficeをインストールしました。
当初は、OpenOffice.orgをインストールしようかと思っていたんですが、なぜかX11のインストールが出来ず。
OpenOffice.orgだとX11が必要、と聞いていたんですよね。
X11があれば、画像処理のGIMPもインストールできるので、そのつもりだったんですが。
後で原因を探そうと思いますが、とりあえずは何か入れておかなきゃ、ということで、X11のいらないNeoOfficeをインストール。
OpenOffice.orgから派生したソフトですが、バージョンとしては、OpenOffice.orgより落ちるとか。
LinuxでOpenoffice.orgの互換性は知っているので、MacではNeoOfficeにしようと。
さて、今までWindowsのExcelで作っていたものを開きます。
基本的なマクロはOK!
ですが、他シートからのデータの読み込みは見事化けてました。
そこまでは無理だったか。
でも、グラフもきちんと表示されていて、MSのExcelで開いたものと見比べてみましたが、それほど遜色はありませんでした。
フリーでここまで互換性があれば十分でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mac君とパソコン君 ラーメンズ出演

    あなたの元気を少し頂ければ嬉しいです。ペコリ mac君とパソコン君の話ですがこれ…