Internet Explorerのシェアが50%割

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

Engadget” がブラウザのシェアを報告していますが、その報告によるとIEのシェアが50%を割ったということです。

数年前からIEのシェア率は下がっていましたが、それでもかなり高かったのですが今回は49.87%という低い数字になり、その代わりにGoogle Chromeのシェア率が3倍になったということです。

201010062026.jpg

これでみるとSafariとOperaがほぼ横ばいですね。SafariはiPhoneやiPadなどで使われていますが、デスクトップで使う人は少ないのでしょうか。

確かに、私のブログで見ていてもSafariは以前より少し増えているものの、あまり多くはないですね。

そして、IEに関しては私のブログでも以前は半数を超していたのですが、今では減って来ていますね。そして私のブログだけかもしれませんが、IEのバージョンが低いのが気になります。

最新のIEは、β版はIE9、正式版でもIE8ですが、未だにIE6利用者が多いです。

これはOSがWindows XPのせいです。WindowsはVistaが失敗に終わり、Windows7で巻き返しをはかっていますがまだまだXP利用者が圧倒的に多いという証拠ですね。実際に、Windowsのシェアは未だにXPが多いですから。

これを見ても、確実にWindowsの力が弱まってきた気がします(かと言ってMacの伸びは少しづつではありますが)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする