シンプル&高機能なMac用Twitterソフト『Weet』を使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

たくさんあるMac用Twitterソフト。

普段は”夜フクロウ”を使っているけれど、iPhoneのTwitterアプリの”Weet for Mac” のβ版が出たので使ってみました。

Mac用Twitterソフトはいくつか使ってきた。その上で”夜フクロウ”を愛用しているのだけど、それについで気に入ったのがこの”Weet for mac”です。

まず気に入ったのがシンプルで綺麗なUI。Mac用ソフトにはそんなソフトが多いけれど、これは群を抜いていると思う。

でも、シンプルで綺麗なだけならそれで終わりだけど、このWeetはなかなかに高機能なところがいい。

まず、マルチアカウント対応。PC用ならマルチアカウントは当然かもしれない。

そして、ホットキーでの表示・非表示切り替え機能、NGワードを指定する機能、見たくないTweetを隠してくれるミュート機能。これだけでも気に入りましたが、私が気に入った一番の理由は、リスト別Tweetの見方がとにかくシンプルでいて綺麗で見やすいこと。

リスト表示

ただ、最初はTweetの仕方に戸惑いました。というのも、デフォルトでは “⌘command + return” になっているんですね。でも、ついいつものクセで⌘commandを忘れてしまうので、設定でreturnキーに変更しました。

こうしたら、本当に私好み。なんですが、どうしても”夜フクロウ”の座は奪えませんでした。

その理由はただひとつ。タイムラインの更新がどうも弱いようなんです。

夜フクロウのように流れていかない。Twitterの楽しみはタイムラインにあります。なのでタイムラインはスムーズに流れていって欲しい。

ここで改善されたら夜フクロウから乗換えるのですが…

Weetのダウンロードはこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする