Macでメモリを簡単解放

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

パソコンを長時間使っているとメモリがキャッシュされたままでパフォーマンスが悪くなる。

MacはWindowsに比べるとその辺は良いと思うけれど、それでもメモリ喰いの代表とも言えそうなFirefoxを定期的に使い、仮想でLinuxを使うなんてしていたら当然パフォーマンスは落ちます。

まして、常駐ソフトが多ければ余計ですね。

でも、マシンの限界までメモリを積んでいる身としてはメモリの解放をしてあげるしかありません(いくらメモリを積んでもメモリ解放は必要ですが)

そこで、手放せないのが “Libera Memory” です。

window

使い方は簡単だし、あっと言う間なのでパフォーマンス低下を感じたらすぐにやろうと思います。

その簡単な使い方とは、ソフトを起動させて「Release」をクリックするだけ。

それで終わりです。

起動直後に自動的に実行することもできるし、Macには必ず入れておきたいですね。

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする