やっぱりダメだった、外付けハード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

先日、日記に書いた外付けハードディスクですが、ハード本体がダメになったのか、ケース不良か見極めるのに、バラしてみました。
外付けのケースをバラして、裸のまま、パソコンに繋げて認識されれば、ケースの不良ということになります。
ネジをはずして、ケースを外していきます。
そして、借りていたUSBをIDEに接続し、パソコンにUSB接続。
これで、ハードが認識されれば、と思ったんですが、悲しいかな、認識されませんでした。
やっぱりハードが死んだのかぁ。
色々試してダメだったので、多分ハード本体だと思ってはいたのですが、実際ダメとなるとショックですね。
失ったデータが痛いです。
しかし、Windowsのフリーズだけで壊れてたら、たまらないよな~。
それ以来、元々Windowsの不安定さがイヤだったけど、拍車がかかり、最近はWindowsをつけるのも怖くなりました(爆)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする