Readerは電子書籍端末として最強かもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

先日、初めて洋書を自炊してみて感じたことを書いてみたいと思います。

私が現在持っている電子書籍端末はKindle touchとSonyのReader PRS-T2です(iPad除く)
Kindle touchはアメリカAmazonから輸入した洋書専門です。
なので、洋書を自炊した時もKindle touchで読むつもりで自炊しました。
しかし、Kindle特有の余白処理に悩まされ、OCR前のPDFをテストと称してReaderに転送していました。
OCR処理後のPDFは完成品としてもちろんKindle touchに送りました。

そして、Kindle touchに送った物(Kindle用に最適化済)とReaderに送った物(Reader最適化済)を見比べてみました。
結果…
Kindle touchに送った物は、本当に最適化してあるのか?と疑いたくなる代物でした。
そしてReaderの方はというと、こちらも読み辛いのはありましたが(幅がうまくあっていない)Kindleに最適化した物より読みさすかったんです。
もちろん、Readerの方はOCR処理していないので、辞書を引くことはできないので言い切ることは出来ませんが、
KindleのOCR処理してある方はもちろん辞書を引くことは出来たのですが、辞書を呼び出すポップアップがめちゃくちゃ遅い。
ワンテンポどころじゃなありません。
普通にKindle Storeからダウンロードした本も辞書のポップアップはあまり早いとは言えません。
だけど、自炊した本に関しては、「OCR失敗した?辞書引けない?」と思うくらいに遅かったんです。
これは、自炊PDFデータだと重いからかもしれませんね(とはいえ、PDFDietで軽くはしたんですが)。
ここで、読むのにかなりストレスがかかりました。
それプラス、電子書籍端末特有の白黒反転。
これは端末の機能でもあるのですが、Kindle touchはかなり反転します。
もちろん、Readerもしますが、Kindleに比べたらかなり少ないです。
ファイルの重さ+端末の性能で見た場合、少なくとも自炊した洋書はReaderの方が読みやすそうです。

もし、自炊した洋書を読むのはReaderの方が適しているとしたら、Readerって最強かもしれないです。
元々、ReaderはReader Storeだけでなく、Kinoppyにも対応していて端末から普通にKinoppyの書籍が買えます。
そして、Translate for ReaderというReaderに転送する専用ソフトがあるのですが、これを見ると楽天も対応しています。
とすると、買えないのはKindleだけですよね。
もっともroot化すれば可能なようですが。
かつ自炊の本も読みやすく、SDHCによるメモリ拡張も出来るとしたら最強ですよね。
KindleはPaperwhiteでも非対応ですよね。
日本のKindle Storeはどうも増えるのも遅いようなので、アメリカのような充実にはまだまだかかりそうです。
とすると、色々なところで買えて、かつ洋書OK、自炊OK、拡張OKというReaderは実は本好きには一番適した端末ではないかと思えてきました。
もっとも、端末は好き嫌いがあるので(後、ブランド?)一概には言えませんが、”電子書籍端末と言えばKindle”というのはAmazonの売り方が上手いだけ(メディア含めて)だとも言えます。

こんなにいい端末出してるんだから、Sonyさんもっと頑張って!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする