私がandroidをメインに出来ない3つの理由(※修正)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

最近、androidネタが多いこのブログですが、androidはメインになりえる端末は出てきたけれど、まだメインに出来ない理由があります。
今日はそれを書いてみようと思います。
主な理由は3つ。

1.言語切替えが面倒くさい
もしかしたら、これが1番の理由になる人というのは少ないのかもしれませんが、私にとってはこれが一番の理由に挙げられます。
言語の切替えと言っても、日本語⇔英語のような物ではなくて、日本語⇔韓国語のような英語以外の言語の切替えです。
iPhoneというか、iOSだとこれが、入力しながら簡単に出来ます。
しかし、androidだと、イチイチ、設定へ言って言語の切替えとして、その上で入力タイプを選ぶという面倒くささ。
私はfacebookは外国の友人が多いので(特に韓国)、日本語をメインとして使いながらも韓国語も日本語に並ぶ頻度で打ちます。
そんな時に、イチイチ設定画面へ行くのは面倒なんです。
というか、言語パックが初期設定では入っていなくて、わざわざダウンロードするというのがイヤですね。
グローバルじゃないなぁ、と思います。
そういえば、Windowsもそうですよね。
最近はMacなのですっかり忘れていましたが…
複数言語を使う人間にはiOSの方が便利です。

※丈夫に設定アイコンを発見しました。しかし、やはりその設定アイコンで言語を選び、キーボードを選ぶ必要があります。
つまり、一度、その画面を離れなければいけない状況は変わりません。
iOSのようにキーボード上で切替えることは不可能です。
なので、日本語で打った直後にすぐに韓国語に切替えて、また日本語に…というには一々設定画面へ行かなくてはなりません。
これは、やはり他言語使用者には不便です。

2.ウイルスの心配がある
これは最近はiPhoneでもあることではありますが、Google公式でもスパイアプリが多いとか信じられないです。
ウイルスのまるでパソコンのよう。
iOSの App Storeは審査が厳しい分、そのような心配はありませんよね。
公式で安心出来ないのはイヤですね。
そして、わざわざウイルス対策アプリを入れなきゃダメとか、重くなるのでイヤです。

3.管理画面が統一されていない
これはGoogleがOSを提供しているだけでしかないことから、各メーカーによって管理画面が違いますよね。
機種を変えたら、管理画面から慣れなきゃいけないとか面倒でイヤです。
これを回避するには同じメーカーを使うしかないですね。

と、3つの理由をあげてみましたが、付け加えるなら、「Googleが信用出来ないから」でしょうか(爆
でも、これは対策もあるし、それを言ったらandroid使えないので、心を鬼にして省きました。
本当は入れたいです。

まぁ、でも1番目の理由だけで、私には絶対にメインになり得ません。
一人に日本語で入力して、次に韓国語で入力して、また日本語に戻して、たまには繁体字(台湾・香港の字)とか面倒すぎでイヤです。
正直、FacebookはiPhoneよりandroidの方が使いやすいのですが、文字入力で×です。
この辺は改善されないんでしょうかねぇ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. numpad0 より:

    >しかし、androidだと、イチイチ、設定へ言って言語の切替えとして、その上で入力タイプを選ぶ
    2.3以前であればメニューキーの長押しで、4.0以降であれば通知バーから入力方法を選べますけど、表示言語を変える必要があるんですか?

    >というか、言語パックが初期設定では入っていなくて、わざわざダウンロードするというのがイヤですね。
    Androidに「言語パック」なんてないですよ。キーボードだけです。キーボードを切り替えるために言語を切り替える必要もないです。

    >そういえば、Windowsもそうですよね。
    Windows 8では、タスクバーから入力言語が選べるようになりましたし、IMEはキーボードから切り替えられませんでしたか?

    >iOSの App Storeは審査が厳しい分、そのような心配はありませんよね。
    App Storeの審査を抜けてテザリングアプリが出るというのが、公式テザリング機能のサポートが広がるまではよくありましたから、審査をしているといっても疑問が残りますし、iOSでは最近までユーザデータへのアクセス許可設定ができませんでしたよね。

    >そして、わざわざウイルス対策アプリを入れなきゃダメとか、重くなるのでイヤです。
    PCと違ってAndroidではウイルス対策ソフトでも特権を持てませんから、常駐してもウイルスに干渉できませんよね。iOSでは審査を通りませんが、入れても意味がないという点ではiOSでもAndroidでも同じじゃないでしょうか。

  2. akika より:

    >numpad0さん

    >4.0以降であれば通知バーから入力方法を選べますけど
    通知バーですか?4.0以降ですがないですね。
    ちなみに、Xperia GXですが、例えば日本語から韓国語入力にするには、設定画面へ行く必要があります。
    iOSではキーボード上の地球のキーを押すだけで、簡単に日本語→韓国語→英語→中国語と出来ます。
    ですので、入力に集中出来ます。

    >Androidに「言語パック」なんてないですよ。キーボードだけです。
    言語パックという言い方は適切ではなかったかもしれませんね。
    しかし、デフォルトでは日本語、英語、中国語(簡体字)のみしかインストールされていませんでした。
    iOSではデフォルトであらゆる言語がインストールされているので、キーボードを入れる必要もありません。
    Macと同じで全てはじめからあります。

    >Windows 8では、タスクバーから入力言語が選べるようになりましたし
    当方、Mac使いなので、Windows8はわかりませんが、Windows7までは、やはり購入国以外の言語入力をしたい時はIMEをダウンロードする必要がありましたね。
    そうしてはじめてIME上で切替えが出来ました。
    Macははじめから全て入っているので、初めに入力で使いたい言語でチェックを入れておけばツールバーから変更可能です。
    Windowsのようなダウンロードは必要ありません。

    >App Storeの審査を抜けてテザリングアプリが出るというのが、公式テザリング機能のサポートが広がるまではよくありましたから、審査をしているといっても疑問が残りますし
    まず、この場合、言っている審査の意味が違うかと思います。
    iOSでは、ジャイルブレイクは別として一般のアプリは全てAppleが厳しい審査をしています。
    テザリングはまた別問題です。
    私は単純に一般アプリのことをさしています。
    テザリングはキャリア側の問題であり、テザリングをするためにわざわざアプリをダウンロードする必要はありません。
    ジャイルブレイクするには、App Storeからは当然出来ません。
    つまり、ジャイルブレイク以外のアプリに関してはAppleの厳しい審査を通るので、危険性のあるアプリは審査を通ることが出来ません。
    Appleのアプリ審査に関しては↓のサイトをご覧下さい。審査の厳しさがわかると思います。これがあるおかげで、androidのような危険性のあるアプリはiOSに存在しないのです。
    http://qiita.com/items/5e2ff5a0312cb1f657f8

    >iOSでは最近までユーザデータへのアクセス許可設定ができませんでしたよね。
    このユーザーデータへのアクセスの意味がわかりませんが、androidでいうrootのことでしょうか?
    だとしたら、これはiOSではジャイルブレイクになります。
    androidでもみんなrootを取るわけではないですよね。
    iOSも然り。ジャイルブレイクしたい人はしようと思えば以前から出来ました。ただ、パッチが当てられると効かなくなったりはしますが。

    >入れても意味がないという点ではiOSでもAndroidでも同じじゃないでしょうか。
    この一文を見て思いましたが、numpad0さんはiOSをお使いになったことがないのではないでしょうか?
    androidでは必須のウイルスソフトですが、iOSでは必要ありませんよ。入れる必要がないからです。それは、アプリ審査が厳しく、スパイアプリ等がないからです。もちろん、最近はブラウザクラッシャー等ありますが、androidのような個人情報アクセスやスパイアプリ、ウイルスアプリがほとんどないので、iOS向けのセキュリティアプリは最近でこそ出てきましたが、今まで存在すらしませんでした。
    ですので、入れても意味がない、ではなく入れる必要がないのです。