Sony Reader PRS-T2とKindle paperwhite ファーストインプレッション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

Kindle Paperwhiteが到着して2日になる@a_kikaです。

まだ、まとまった時間がないのと、ちょうど今、Sony Readerの方で読みかけの本があるので、まだKindleではゆっくり読んではいませんが、少し読んでみたのでSony Reader PRS-T2との簡単な比較をしてみたいと思います。

前回、重さについて少し触れたので、今回は画面などについて書いてみようと思います。

まず、電源オフからの起動ですが、こちらに関しては甲乙つけがたいですね。
大差ないです。場合によってはKindle paperewhiteの方が早いことも。

次に、本棚とも言える蔵書の本の並びに関して。

Sonykindle

Kindle touchのころの、縦にタイトルだけが並んでいるのから随分進歩しましたね。
表表紙が出るのでわかりやすいです。
この辺に関しては、期待していなかっただけに良かったです。

次に肝心の読書時の画面について。

Sonykindle2

同じE-inkでも結構違いますね。
Kindle paperwhiteはバックライト付のせいか、明るいですね。
普段は、あまり明るいと目が疲れるので、この辺は要調整ですね。
ただ、ネットで指摘されていた通り、バックライトの色ムラが下部の方で気になりました。
比較端末がなければ、それほど気にならなかったかもしれませんが、先にSony ReaderやKindle touchを見ているので気になるのかもしれません。

また、一人だったので、ページめくりの動画が撮れなかったのですが、Readerの方が断然早いです。
Readerは物理ボタンがあり、Kindle paperwhiteはありませんが、私はiPadのクセなのか、物理ボタンは、ホームに戻る時位しか使っていません。
普段、ページをめくる時はタッチでやっています。
なので、条件はKindle paperwhiteと同じですが、Kindle paperwhiteの方が2テンポか3テンポ遅れます。
集中して読んでいる時は、このテンポの違いが気になるかもしれません。
が、これもReaderという比較的良く出来た端末を持っているからそう感じるのかもしれませんね。
しかし、持っている以上は、ちょっと気になります。
私は特に集中すると、とにかくテンポ良く読みたいので…。

ただ、Kindle paperwhiteは暗い中でも読めるというのが利点なので、そこはいいですね。
今まで、ずっと電気つけっぱなしか、読書灯をつけていましたので。

バッテリーに関してはまだわかりませんが、Reader2ヶ月、Kindle paperwhite1ヶ月と言われているので、その辺も気になってくるのかな?
でも、Kindle touchもバッテリー持ちは弱いので、その辺は改善されていない、ということですね。

この後は、今読みかけの本が終わったら、じっくり読んでみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする