MacでのFTPソフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

以前、このブログで何度かMacでのホームページ作成ソフトのことを書いてきましたが、作り終わってもサーバーにアップしないとダメなわけで、最近色々なFTPソフトを探していました。
Macでは、Fetchあたりを勧められることも多かったのですが、シェアウェアなんですよね。
まぁ、よーっぽど他になければシェアでも構いませんが、まずはフリーソフトということで、Cyberduckをダウンロード。
正直、ダウンロードした時はWindowsのFFFTPなどとインターフェースがかなり違うので戸惑いました。
WindowsのFTPソフトといえば、ローカルフォルダとサーバー側のフォルダが見えるんですが、サーバー側しか見れないんですね。
一瞬、「どうするんだ~」みたいな感覚になりました。
でも、使い方自体は難しくないのですが、ひとつ落とし穴がありました。
普通にHTMLファイルをアップする分には構わないのですが、cgiなどをアップする時に気をつけないと、「あれ??」ってことになっちゃいます。
Cyberduckでは、アップ時のバイナリモードかテキストモードでの転送かというアイコンが見えません。
なので、そのままcgiをアップしてパーミッションを設定してもエラーになります。
なので、最初にCyberduckの「環境設定」のFTPタブで「省略時の転送モード」を設定しなければいけません。
私は、バイナリとテキストと両方を一気にアップするので、「自動」に設定してあります。
ここだけ気をつければ、特に不満はないですね。
たまに違ったフォルダにアップされてしまうときがあるけど、まぁこれも慣れということで。
MacでFTPソフトを探されている方は、シェアウェアを試す前に一度試してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする