フレッツ光に接続出来なくなった〜斜め上の展開。その後〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

何もしないうちに、夏休みが後1日で終わってしまう@a_kikaです。

先日、【フレッツ光に接続出来なくなった〜その1〜】を書いてから数日たっちゃいました。
16日には書けるハズだったんですが、心身共に疲れ果ててしまって書けませんでした。

これで終わりになるのか、はたまた、まだ続くのかわかりません。
つまり「きちんと終わっていない」状態なんですΣ(゚Д゚;)エーッ!

フレッツ光に繋がらなくなり、NTTに連絡したところ、即日新しいVDSL装置を送ってくれたので、それできちんとなることを期待していたのですが、結果はむなしく、何も変わらずでした。

このときに電話で担当してくれた人は良かったのですが、その後があまりに…で…。

VDSL装置から、有線Lanにてパソコンに繋ぎ、PPPoE接続を試みても繋がったり、切れて繋がらなくなってしまったりと言った状態。

新しいVDSL装置が届いたのが夕方遅かったので、差し替えは夜になりました。
そして、1回でなく、何回も試みているので、当然遅い時間になりました。

有線Lanで接続を試みたり、Wi-Fiだったり、またいろいろ確認したりとしたため、気がついたらもう明け方近くになっていました。

当然、NTTの営業時間は終わっているので、「朝かけてくれればいいや」と思って、メッセージを吹き込みました。

そしたら、10分もしないうちにNTTから電話。
「え〜、こんな時間に?」って思っちゃいましたよ。
時間外なのに…と普通なら感動するんでしょうが(私も感動しかけた)、感動どころか「はぁ?」な結果になるとは…

かけてきた人は前回とは違う人でした。
そして、すっごーーーく高圧的な人でした。
というか、人を見下げた話し方と言うんでしょうか…
「なんか感じ悪いな〜」とは思いましたが、こちらはなんとしても繋がるようにして貰わなきゃ困るので、冷静にまた前回話したことから1から話し、また今回の結果も話しました。
そうしたら…
「全く繋がらないんですか?」
と。
繋がらないから電話したんですが…
「繋がるはずなんですよね。あなたルーター繋げてるでしょ。ルーターに光が行ってないから繋がらないですよ」
来た〜〜、他社のせい!

絶対にこれは言われると思いましたよ。
なので、Wi-fiでもだめ、有線Lanでもダメだったときに初期化してそのまま放置していたんですよね。
なので、ルーターにいかないのは当然なわけで。
ええ、きちんとこれも話しましたよ。
そしたら、すっごーく不満そうでした。
もう嫌な気分にはなっていたけれど、見てほしいと思っていたので、それを言うと…
「今ね〜、先日の落雷で100件以上入ってるんですよね。お宅はランプはついているし、まぁ、行ってもいいけど何時になるかわりかませんよ。で、こちらから持っていったパソコンで1回繋がったら、後はそちらでやってくださいよ」

言われたことの意味を理解するのに、2秒はかかりました。
えっと、1回繋がったら、後はそっちでやれと?
繋がったり切れたりを繰り返すと言っているのですが、それでもですか?
「この局内で100件以上あるのにやってられませんよ」
はぁぁぁ?
忙しかったら、繋がらなくて困っている人がいても知らんぷりですか?
もう、絶句しちゃいました。
NTTの対応の酷さはネットで見ていたけれど、まさかここまでとは…

そうしたら、そばで聞いていた父が「冗談じゃない!」と怒りだし、電話を代わりました。
静かに話していた私とは違い、怒ってます。
ちなみに、この父、怒るとヤクザも青くなる人で、私は怒らせるのがとにかく嫌です。
せめてそこまで怒らなきゃいいなぁ、と思いながら聞いていましたが、文句を言った父が電話を切ったので、「どうなったの?」と聞くと…
父が怒ったとたん、「すいません。前の者から状況をきちんと聞いていなくて。申し訳ありません」と他人のせい(ここでもかいっ!)にし、後はとにかくひたすら謝りまくったそうな…

しかし、父から聞いた瞬間、泣いてしまった私^^;

ルーターのせいにするのはまだしも、社内の他人のせいにしたり(はじめはメールだったので証拠は残っていますよ)、あまりの無責任さにあきれるのもあるけれど、電話を変わったら平謝りという、その態度の差。

泣いたのは、私の中の苦手としていることで、悔しかったから…
昔から、「女なんだから」と散々職場でも言われたことがあります。
「女なんだから、できるはずがない」「女のくせに」
これが悔しくて、見返すように頑張ってきました。

他でも「女なんかに」という態度にとられることはありました。
そうでなくても、交渉ごとは苦手なんです。
海外旅行中も、何かあったときは外国語がまったくダメな友人に対応して貰っていたくらい。
周り曰く、「話し方が優しいから舐められるんだよ」と言われているんですが、自分では厳しい話しかたをしているつもりなんですよ。
でも、周りから聞くと優しく聞こえるらしく…
それは声質の問題でしょ、となるので、結構本人その辺気にしてるんです。

と、話しがそれましたが、そんなんで悔しくての悔し涙でした。

とりあえず、何時になるかはわからないけれど、当日中に来ることにはなったのですが、そのときの私はあまりに悔しくて悔しくて、「意地でもなんとかしてやる状態」でした。

その後、寝ずに何度も何度も回線確認をした私。
何度も電源を切り、初期化し、また、電話線を交換したり、「そんなとこまで?」というくらいやりました。
そんなことを何度も繰り返しているうちに、接続が安定してきました。

それでも、いつまた切れるかわからないので、何時間か時間を置いてパソコンで通信ログをチェックし…
パソコンの前にいない時は、iPhoneで接続状況を確認したり、ランプを確認したり。
それでもなんとか安定しているので、本当は来て貰った方が良かったのですが、父が電話を切るときに、あの対応したオヤジが来るというので、会いたくなかったんです。
父は留守なので、私一人ですし。
そのときに、またああいう態度を取られたら、と思うと絶対嫌だったんですよ。
他の日なら、父がいる時もあるけれど、その日は無理。
そして、他の人が来るならまだしも、あのオヤジだけは絶対に嫌だ!
という気持ちが強く、NTTに電話して「今日は結構です」とお断りしました。

おかしなことしてる、と思うかもしれませんが、これでダメならADSLに戻ることも考えていたので…

うちは集合住宅で、光はNTTのフレッツ光しか選べない状態。
ケーブルテレビもauひかりもnuroもダメな状態。
つまり、光回線を使いたいなら、NTTしかないわけで。
だけど、NTTがこんな状態なら、イーアクセスやアッカなどのADSLに戻ることも腹をくくっていました。

まぁ、今時、光からADSLにする人はいないでしょうけど。
でも、それくらい今回のことでNTTは嫌になったので、断りました。

そして、貫徹でいじっていたため疲れ果てて寝てしまったのですが、父が帰宅してから、NTTの人が来たそうです。
が、あのオヤジではなかったそうで、若いおとなしいお兄さんだったようです。
どうも連絡がうまくいってなかったみたいですね。
で、私が寝てしまっているので、お兄さんは仕方なく、集合住宅の基盤のほうを確認し、少しいじって帰ったようです。
何をいじったのかは、わかりませんが。

そして、その後、ネットは安定して繋がっています。
うーん、なんだったんだ?
で、お兄さんは何をしたんだ?

お兄さんは帰り際に、「きちんと確認ができなかったので、よろしければまた来てきちんと確認したいので、お電話ください」と丁寧に言って帰ったそうです。

父曰く「あいつ、逃げたな」と…

そんなこんなで、理由がハッキリしないまま使っています。
ダメになったら、低速だけどADSLかWimaxという手にします。

それにしても、NTTのあの斜め上の態度は素晴らしかった!(←)
そりゃ、解約も相次ぐでしょうねぇ

しかし、せっかくの夏休みのこのトラブルで何日も費やし、心身共に疲れ果てました。
休み返して〜〜〜〜.・゚・(ノд`)゚・.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする