ドコモiPhone5S発売の噂を聞いて考えたこと〜ドコモでの売れ行きと日本のスマホ市場〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

ワン・ソニーと言われ、ソニーの実力を凝縮したXperia Z1(通称Honami)が発表になったのに、意外と静かな日本にちょっと寂しさを感じている@a_kikaです。

根強いXperiaファンはいるようですが、日本ではそれよりもiPhoneの方が人気のようで…
いえ、そういう私もiPhone大好きですけどね。
でも、日本メーカーであるソニーが頑張っているんだから、もう少し注目してくれてもいいのに…なんて思っちゃいました。

で、9月10日のAppleの発表を前に、日本のマスコミをはじめ、なんとアメリカでまで、『ドコモからiPhone5Sが発売!』なんて報道がされました。
ドコモは『決定した事実はない』とコメントしましたが。

5日だったかな?私もドコモの関係筋から、としてドコモからiPhone5Sが出ると言ったリークをネットで見ました。
もうそのサイトは削除されていますけどね。
確か、auが出す前にも、似たようなのを見た記憶があります。
au関係筋から聞いた話し…と。
なので、今度こそ本当かな?と思う一方、今までの誤報道が多すぎたため、疑う気持ちもありますが。
でも、ちょっとここで、もし本当にiPhone5Sがドコモから出たらどうなるのか、を考えてみました。
(先、かなり長いです^^;)

日本で一番電波が良いと言われる携帯通信キャリアはドコモです。
次にau、そしてソフトバンクという順です。
地域によりどこが一番繋がりやすいかは別として、日本全国で見た時の話しです。

まず、iPhoneは最初にソフトバンクが独占で販売しました。
それまで、”電波が悪い”、”ショップの対応が悪い”等で正直、一番契約者が少なかったと思います。
しかし、iPhone独占販売でそれが変わりました。

Appleファンをはじめ、多くのiPhoneを使いたい人がソフトバンクでiPhoneを契約しました。
当初はドコモやauとの2台持ちがメインだったようです。
しかし、それでもMNPインや新規顧客が増えたのは事実です。
契約者数2番手につけていたauが大打撃を受けました。

そしてiPhone4S発売と同時にauでもiPhone販売開始。
これで、ソフトバンクの電波に不満のあった人やソフトバンクなら買わないと言ったドコモユーザーの一部がauにMNPインしました。
これで、一時はどん底に落ちていたauがなんとか復活しました。
その代わり、今度はドコモがどん底に落ちました。
中にはSIMフリーiPhoneや下駄を履かせてドコモSIMを使う人もいましたが、やはりドコモのMNPアウトは増え続ける一方でした。

そこで、2013年夏にドコモが打ち出したのが、ソニーのXperiaとサムスンのGalaxyをツートップとする戦略です。
Xperiaは根強いファンもいるし、国内メーカーとしては良いのでXperiaはかなり売れたようですが、逆にGalaxyはその半分もいかなかったようです。
iPhoneが出た頃はGalaxyはそれなりに人気があったので、ドコモとしてもツートップに持ち上げたのでしょうが、そう上手くは行かなかったようで、今でもGalaxyは他のドコモスマホよりもキャッシュバックを多くして必死で売ろうとしています。
ここでGalaxyが思ったように売れなかったのは、Galaxy S4といった個体のせいなのかはわかりませんが、個人的には故障の多さが原因ではないかと思っています。
Galaxyの故障の多さは、本国・韓国でも問題になっていますから。

どちらにしても、ツートップ作戦を打ち出したものの、ドコモはやはりMNPアウト増を免れることは出来ませんでした。
もちろん、Xperia Aはそれなりに売れたと思います。
実際、売上を見てもわかります。
が、結局、それしか売れなかったんじゃないか?と思いました。

考えてみて下さい。
auだってiPhone販売前は酷かったです。
ソフトバンクもそうです。
まぁ、そこまで魅力のあるiPhoneってすごい、と思いますが、それは同時に”他に魅力のあるスマホがない”ということの裏返しだと思うんです。
もし、iPhoneと同等の、もしくはそれ以上のスマホがあればドコモもauもそんなに苦しむことはなかったと思います。

ここで、2013年8月の各社の売れ筋を見てみました。(ソフトバンクは8月分がなかったので7月分)情報源:スマホおすすめ情報-ランキング・料金・カバー比較など- 様より

まずは、ソフトバンクから

Softbankスマホ売れ筋ランキング 2013年7月22日~7月28日 スマホおすすめ情報 ランキング 料金 カバー比較など

そして、au

Auスマホ売れ筋ランキング 2013年8月5日~8月11日 スマホおすすめ情報 ランキング 料金 カバー比較など

最後にドコモ

Docomoスマホ売れ筋ランキング 2013年8月5日~8月11日 スマホおすすめ情報 ランキング 料金 カバー比較など

ソフトバンクは1〜3位まで全てiPhoneです。ちなみに4位がAQUOS PHONEでした。
そしてauを見ると、こちらも1、2位はやはりiPhoneです。3位にAQUOS PHONEが入っているので、ソフトバンクほどiPhone占有率は低いようです。
そしてドコモは、ツートップ戦略が効いて、1位がXperiaの2位がGalay、3位にARROWSが入っていました。
でも、これだと日本のスマホ全体の売れ筋がわからないので、全キャリアで見てみると…(情報源:BCNランキング様)

2013年8月の携帯電話ランキング 上位は変わらず キャリアで分かれた好不調

これを見るとハッキリとわかりますが、10位までのうち4機種がiPhoneです。
次に、名前が違いますが、ソニーのXperia A(ドコモ)とXperia UL(au)が入っています。
しかし、Xperia Aはドコモのおかげでかなりの売れ行きでしたが、Xperia ULはガクリと落ちますね。
後はGalaxy S4とAQUOS PHONE SERIE SHL22ですね。
P-01Eはガラケーで、10位のみまもりケータイ2は子供向けなので除外すると、ソニーとシャープがなんとか頑張っているけれど全体の売上の過半数はiPhoneだということです。
Xperia Aはドコモのツートップ戦略があったから、ここまで売れたと思うけれど特になにもしなかったらここまでは行かなかったのではないかと思います。

つまりこれを見てわかるのは、”iPhone以外に魅力的なスマホがない”ということです。
iPhone以外ではXperiaとシャープのAQUOS Phoneが健闘しているけれど、パナソニックや東芝、京セラ、富士通といった日本メーカーの低迷です。

iPhoneから始まった、スマホというもの。
日本は独自の携帯コンテンツやお財布携帯といったものが発達していたので、世界からみてスマホ浸透率は遅いものでした。
私が韓国へ留学していた2011年でも、韓国ではガラケーを持っているのは年配の人くらいで、若い人はもう95%以上がスマホでした。
韓国は日本のような携帯コンテンツと言ったものは少なく、またお財布携帯というものがなかったので普及が早かったのだと思います。
しかし、日本はそんな独自のものがあったので、日本メーカーは本格的にスマホを作ろうとしませんでした。
唯一出していたのはXperiaですが、これは元はソニー・エリクスンなのでイギリスなんですよね。つまり、ソニーではあるけれど日本ではないんですよね。
しかし、日本でも徐々にスマホに移行しようとしだします。だけど、日本で売っているスマホって本当になくて結局iPhoneに行き着いたと思います。そしてせいぜいXperiaでしょうか。
その若い人のスマホ移行に慌てたのが日本メーカーで、それまでガラケーばかりだったのに急にスマホを作ろうとしても、どうもうまく行かない。
しかも、日本のメーカーはガラケー機能を入れようとしますから(まぁ、これは消費者が求めていたものもあると思いますが)余計に進まない。
結果が、今の状況だと思います。

結論として乱暴な言い方をすれば、日本のスマホはiPhoneである、と言えます。
が、これって正常なんでしょうか?
私はiPhone好きだし、iPhoneの良さに適うものはないとも思っています。
しかし、今の日本市場って健全じゃないと思うんですよね。
もちろん、iPhoneが売れるのは、iPhoneファンとしては嬉しいけれど、日本というものを見た場合に、これは良くないなぁ、と。
つまり、ドコモが一人負けしたのは、やはりiPhoneがなかったからだと思います。
そのドコモがiPhoneを扱えば、ドコモは浮上すると思います。
しかし、日本の浮上じゃないんですよね。
健全な市場は独占はありませんから。
まして、今の日本経済を考えたら日本企業は頑張らないといけないんです。
その中、ソニーとシャープは頑張っていると思います。しかし、他が弱い。口コミを見ると驚くほどです。

ドコモが夏のツートップでXperiaとGalaxyにしたとき、日本メーカーは泣きついたと言います。「ソニーはいいけれど、なぜサムスンなんだ」と。
まぁ、ドコモとしては今まで売れていたのは、サムスンだから、と思ったんだと思いますけどね。
しかし、そこで泣きついた日本メーカーはそこでふんばらないといけなかったと思うんですよね。
だけど、蓋をあけてみるとNECはスマホ事業撤退。パナソニックも冬モデルは出さないと言います。他は富士通とシャープくらいですね。
京セラはあまりスマホを扱っていないし…
一番しっかりしなきゃいけない日本企業がこれじゃぁ、ダメなんですけどね。

まぁ、長々と書きましたが、結論は「ドコモがiPhoneを出したらドコモは息を吹き返すだろうけど、余計に日本のiPhone占有率が増えるだけ」ということです。
仕事でiPhoneケースを扱っている身としては嬉しいですが、日本というのを考えると「う〜ん…」となります。
まぁ、XperiaとAQUOS Phoneに期待ですかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする