Marvericksが来る前にMacでのWindows使用を仮想にするかBoot Campにするか。それぞれのメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

フリーのスニペットアプリ、Dashを使っているのですが、基本的にいい感じなんだけど、たまに動かなくなることが…
そこで、Typelet4meというのも入れて両方試しているのですが、決めかねている@a_kikaです。
Dashを有料にしてもいいけど、Windowsではまた別のとなると面倒なので、何かないかな?と探していたら、Snippetsというアプリがフリーで、しかもMacとWindowsで同期できるというので、心動いています。
私にとってはiOSよりもOSの方が大きい問題です。
Macだけで仕事ができればいいのに.・゚・(ノд`)゚・.

今日は、その仕事に絡んでくる、そして私の苦手なWindowsが絡んでくるお話しです。

「もうすぐMarvericksが来る〜♪」なんて、今までの調子で浮かれていた私ですが、さっきParallelsでWindowsを使用していた時に、「今のParallelsはMarvericksに対応していないから、アップデートしてね〜」とポップアップが来たではありませんか!
どうしよう。
そこで、今後も仮想化を続けていくか、Boot Campにするか比較してみました。
(おとなしく、手持ちのソニーノートを使うという選択肢は…?)

Ad

Marvericksが来ることで、Parallelsもですが、VMware FusionもMarvericksはアップデートでの対応となるようですね。
まぁ、新規購入ではなくアップデートなので、両者とも少しは安いのですが、バンドルなんかで買った場合は、バンドルの価格より高くなるという…
バンドルでアプリを購入するのはいいけれど、こういう時に困りますね。
いや、きちんとお金払えばいいんだけど。

で、考えてみたら、Macがアップデートする度に仮想化もアップデートさせるとなると、結構な出費になります。
今の私は色々と仕事用のシステム導入でお金がかかっているので、このParallelsのアップデートというのは、「ヤバイ!」の一言でした。
そこで、長い目で見た仮想化とBoot Campを比べてみたいと思います。

    仮想化

  • メリット 導入が簡単。Macとの連携も取りやすく、Mac使用中でも気軽にWindowsを立ち上げられる。
  • デメリットーーハードディスクに直接Windowsをインストールする訳ではないので、使えない機能等一部出てくる。
           Macのアップデートの度に仮想もアップデートさせる必要があるので、ずっと使うにはお金がかかる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする