復元用HDDにMavericksをインストールしてみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

右手のリハビリのリハビリが始まり、少ーし右手を動かせるようになったので、お預けになっていたillustratorの勉強をしたいのに、やはりまだまだ難しくてじれったい@a_kikaです。
頑張って、少し右手でもキーボードを使っていますが、まだまだ自由には出来ないので、まだマウスも左手で使っています。
骨折したのが関節なので、普通の骨折より大変なようです。
本を読む時間は増えたけど、Macを自由に使えないのはストレスです。

さて、先日、Time Machine用にWDのMy Book Studioを購入したことを書きましたが、それにより今まで使っていた自作外付けHDDが空いたので、Macの復元用としました。なにかあっても、これなら安心です。
そして、Maveicksを復元用にインストールしました。

まず、空いていたUSBメモリを使ってインストールディスクを作成しました。
他のHDDにインストールする時や、今後調子が悪くなった時に使えるようにです。

インストールディスクを作るのは初めてだったので、↓のサイトを参考にさせて頂きました。

Mavericksのインストールメディアの作り方: あれやこれや備忘録

そして、復元用HDDから再起動し直して、そちらでMaveicksをインストールしました。
仕事でMacを使っているので、いきなり本インストールは出来ませんからね。
不具合等をみるために、復元用HDDへのインストールです。

Maveicksのダウンロードにかなり時間がかかったので(Wi-Fi使用)、インストールも時間かかるかな?と思ったのですが、意外と早く終わりました。

私が気になったのがプリンターやスキャナでした。
CanonやEpson等はMavericksの対応について書いてあったのですが、HPではそれが見つからない!
アメリカのHPを見ると、スキャンしたものを保存できないというのがあったので一抹の不安が…
それに、日本でも「プリンタとスキャナ」が開かない等出ていたので、やはり不安でした。

結果…。
印刷OK!
そして「プリンタとスキャナ」も問題なく開くことができ、HPのユーティリティを使用してのスキャンも問題なくできました。
あ、もちろん、きちんと保存も出来ました!

後、気になるのはメール周りですが、メールも私が使っている範囲(独自ドメインメール)では問題ありませんでした。
Photoshopやillustratorも一応立ち上げましたが問題ナシ。
MarsEditも問題なく、対応していないのはParallelsとあらかじめわかっていたので、ParallelsをアップグレードするかVM Ware Fusionに乗り換えるか、はたまたMacでWindowsを使うことをやめるか考えています。
だって、MacでWindows使うのってA Oneのアプリ使う時だけですからね〜。
Windowsノートパソコン持ってるし、何よりMac上でのWindowsはデータバックアップの不安があるのは昨年の青色申告で身にしみたので、重要なものはきちんとWindowsノートパソコンでやると決めているので…。
そうするとMacでWindowsを使うのって、パパっとやってしまいたい時だけなんですよね。
なので、これは保留中です。
バンドルセールないかな?(苦笑

と、話しが脱線しましたが、私の使用状況では問題はありませんでしたので、時間のある時にクリーンインストールしたいな、と思います。
問題はね、バックアップですよ、バックアップ。
一応Time Machineはあるけれど、完全ではないですからね。
時間がかなりかかりそうなので、まとまった時間のある時にやりたいと思います。

その前に色々な機能が追加されたけれど、そちらに追いついていけてないな…。
これも、少しずつお勉強ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする