仕事のタスク管理及びリマインダーにWunderlistを選んだ理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

グダグダしていたiMac買い替えですが、一昨日、キーボードを濡らしてしまいキーボードをダメにしてしまったことがiMac購入の背中を押すきっかけとなった@a_kikaです。
まさか、自分のドジさ加減がきっかけになるなんて、世の中わからないものですね。

さて、少し前から、毎週やるべき仕事をつい忘れてしまい、そのままズルズルしてしまう自分にカツを入れるべくTo Doアプリを探していました。
いわゆる、タスク管理ですね。
で、その中からWundrlisutを選択しました。

Macには素晴らしいタスク管理アプリがたくさんありました。
けれど、私の求める条件を満たすアプリはとても少なかったです。

そんな私がTo Doアプリに求めた条件とは..

スポンサーリンク

私がTo Doアプリに求めた条件

  • Mac、iPhone、Androidで使えること
  • リマインダー機能があること
  • シンプルでありながら、直感的に使えること

まず、一番はじめのMac、iPhone、Androidで使えること、というのが難しかったです。
Mac向けのアプリだとiPhoneには対応しているのですが、Androidでは使えない。
iPhoneを持ってるなら、Androidはなくてもいいじゃないと思われるかもしれませんが、iPhoneのバッテリー消耗の激しさでAndroid併用になっている私としてはAndroidも捨てられないものでした。

この私のわがままな条件を満たしたものは、下記アプリでした。

  • Wunderlist
  • Remember The Milk
  • Evernote

Remember The Milkは同期させるにはプロ版にする必要がありました。
有料なのはいいけれど、買い切りではなく毎年費用がかかるというのが、少しひっかかりました。
次にEvernoteは確かに良いのですが、ノート機能が豊かなので私はノートが多いので、タスク管理が見辛く感じました。
残るはWunderlistです。
実は私、一度Wunderlistを使いながら、そのままになっていたんですね。
なので、はじめは「うーん…」と思ったのですが、再チャレンジです!

Wunderlistの画面はこんな感じ↓

Wunderlist と Xmarks Authentication 3

左側がグループ。
グループをクリックしてTo Doリストを追加していきます。
右側がそのTo Doリストです。

もちろん、毎週決まった曜日にやるべきルーチンワークも登録できます。

Wunderlist 7

そして、私が欲しかったリマインダーは…

Wunderlist 12 2

To Doをクリックすると右側に欄が出るので、そこで期限を入れることもできるし、知らせたい時間を設定することができます。

このリマインダー機能は、iPhoneやAndroidでも通知してくれるので、Macの前にいなくても見逃すことはありません。

しばらくはWunderlistを使って仕事をしていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする