Adobeの個人情報流出でAdobeからは連絡がなくEvernoteからあった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

iMac27インチの到着が待ち遠しい@a_kikaです。
ドライブをFusion Driveに変更、そしてメモリを32GBに…というカスタマイズのため、少し時間がかかるようです。
早く来ないかなぁ…

さて、ご存知の方も多いと思いますが、10月3日にAdobeで個人情報流出がありました。
実は、私がこのことを知ったのは、最近のことです。
骨折やら何やらで、すっかり情報に疎くなっていたんですね。
それでも、Adobeからは何のメールもありませんでした。

流出した数はすごいけれど、私のはなかったのかな?なんて暢気にしていたらとんでもなかったです!

昨日、Evernoteからメールが来て、初めて私の情報も漏洩していたと知りました。
そのEvernoteからのメールはコチラ↓

Adobe evernote 1 352x435

今回流出したAdobeアカウントの一覧に、お客様がEvernoteのアカウントにご登録されているメールアドレスが含まれていることが判明しました。

なんですと〜?!
私のメールアドレスがあったとな?
まさか、流出した情報をわざわざ見るなんてしませんからね、お知らせがなければ気づきませんでしたよ。
しかも、Evernoteから来るとか、なんなんでしょう。

Evernoteは以前、情報流出があったので、その辺しっかり気を配っているんでしょうね。

まぁ、AdobeアカウントとEvernoteアカウントで使っているメールアドレスは同じだけれども、パスワードが違うのは幸いだったと思います。
なにせ、個人情報流出がはじめてではないので、1PasswordやLastPassを使ってランダムなパスワードを既製して使用しています。
なので、どこかで個人情報流出があって、メールアドレスとパスワードを抜かれても1サービスだけでとどめるようにしています。
メルアドくらいなら、捨てアカ作るのであまり痛手はありませんから。

しかし、今回の情報流出で「うーん…」と思ったのはAdobeの対応です。
情報流出したのは、10月3日です。約2ヶ月近くたっています。
ですが、私の元には何のお知らせも来ませんでした。
これでも、一応AdobeのIDは持ってるんですよ。
そして、セールスメールは来ているんです。
なのに、情報流出に関してのメールは来ていません。
先ほども確認したのですが、迷惑メールフォルダーにもゴミ箱にもありませんでした。
調べたら、ネットで10月3日に情報流出があった、と告知しているだけですね。
まぁ、Adobeと言ったら大きいですからね。顧客数も半端じゃないでしょう。
でもね、個人へのお知らせメールなんてたいした手間じゃないですよね。
一斉メールという機能が世の中にはあるじゃないですか。
なので、今回のAdobeの対応には、正直、「う〜ん…」となってしまいました。

世の中、Adobeじゃなくても良いソフトもいっぱいあるけれど、Adobeにしかないものもあるわけです。
で、Adobeソフトは高いです。Adobe税と言われるくらい。
だけど、情報流出してもスルーというのはね、どうなんでしょうか。

それにしても、今回はEvernoteからのメールで助かりました。
とりあえず、Adobeに登録しているメアドとパスワード変更しました。

しかし、最近は個人情報流出というのが多いですね〜。
昔からハッカーというのはいるけれど、こんなに毎日のようにどこかがハックされてるなんて…
企業様には、もう少し危機意識を持ってほしいなぁ、と思った日でした。
自分も含めてね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする