Vine Linuxになった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

ちょっとご無沙汰になってしまいました。
お盆だったせいもあってか、あまり動向がありませんでしたからね~。
今日は久々にLinuxの話題です。
CD-ROMの直ったノートパソコンはその後、Ubuntuをインストールし、使っていました。
自室には、iMacとこのノートパソコンの2台があり、あまり使われない、旧メインパソコンのSOTECはリビングに置いてあります。
が、夜、友人とのファイル交換や様々なことで、Macではちょっとキツいこともあり、Windows使ったらいいんだろうな、と思いながらも、ほんの隣部屋だというのに、面倒で諦めていました。
なので、いっそ、ノートパソコンをもう一度Windowsにしよう!と思いつき、昨日は朝からノートパソコンにつきっきり。


しかし、下調べしておいた通りにやってもWindowsは立ち上がらず、GRUBの4文字が画面上で光るだけ。
さすがに3回やった後は諦めて、またUbuntuに戻そうと計画。
が、なぜか、インストールができない。
なぜ?CDの焼きがおかしかったのだろうか?と思い、再度試すもうまくいかず。
う~ん?以前は、これでインストールしたんだけど…。
なので、Ubuntuサイトへ行き、最新版をDLしようとするも、あまりにも時間がかかりすぎてダメ。
はぁ。手持ちは、Fedora CoreとKnoppixとVine Linux。
Fedora Coreは初めて触ったLinuxなんだけど、どうも普段使う気になれず、アウト。
Knoppixは嫌いではないし、逆にわかりやすいと思うけど、何だかLinuxという気がしない。
ということで、日本語に定評のある、Vine Linuxをインストールすることに。
Ubuntuはダメだったので、ちょっとドキドキしたけど、Vine Linuxはすんなりインストールできました。
ただ、今まで、Ubuntuで楽してきたので、Vine Linuxはちょっと不安。
アップデートがあった時が面倒くさい。
どうも、私の中でVine Linuxは面倒くさい、というイメージがある。
だけど、Ubuntuには慣れているから、逆に別のディストリに慣れるのもいいんだろうな。
ということで、以前少し触った事があるとはいえ、Vine Linux初心者です。
Macばかり使ってないで、覚えなきゃね。
Vine Linux4入門キット

Vine Linux 4.0スターターキット (Starter KIT series)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする