Vmware Fusionのバレンタインデー20%オフでVmware Fusion6を購入し、Windows7をインストール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

Windowsをもっと使おう!キャンペーンを自分でやりながらも、挫折してしまった@a_kikaです。こんにちは。

青色申告ソフトの入力で、確かにWindowsは使いだしたのですが、どうも画面がチカチカして目が疲れる。
でも、暗くすると今度は見づらい。そして、キーボードに慣れていないので、タッチミスが多い。
そんなことにストレスを感じている時に、バレンタインデーが来ました。
って、参加するでもなく、というか、その存在自体を忘れていたのですが(^_^;A
私の中では、ただの友人の誕生日でした(; ^ω^)

バレンタインデーあたりから、Vmwareの20%オフセール広告を見た方は結構いるのではないでしょうか?
↓です。

これで、新規でVmware Fusion6を購入で20%オフという嬉しいもの。
って、Paralles7を使っていた私はParalles9へのアップグレードが4800円だったので、新規のVmware Fusionより若干安かったんです。
なのに、なぜParallesにしなかったのか…
自分でもよくわかりませんが、Vmware Fusionを使ってみたかったのと、1ライセンスで3台まで使えるということでしょうか?
って、今はまだMacは一台なんですけどね。そこは、まぁ、MacBook Air欲しいので…

で、サクっとアメリカサイトから購入し(こっちの方が安い)、Macにインストール。
ここまでは簡単。が、この後のWindowsのインストールに「なに〜」が発生しました。

VMware kitakatsuLab

これ、この「統合」っていうヤツです。
こういうの、Parallesにはありませんでした。
どっちを選べばいいんだろう?(ー’`ー ; )
で、調べてみると、「よりシームレス」というのは、ドキュメントなどをMacと共有できるというではありませんか。
おー、これは便利!
一瞬、こちらを選びそうになりましたが、「より分離」を選びました。
というのも、何かあった時にどちらの不具合なのかわかりにくくなりそうだったから。
それに、ドキュメントなどの共有はクラウドで保存している身としては、あまり必要ないかな?と。

そして、どんどん進めていき、Windows7インストール。

Windows 7 x64

この画面がやたらに長くて、なぜだか不安になりましたとさ。

そして、やっとWindowsインストール完了!

Windows 7 x64 2

あ、ゴミ箱ってここだったんだ。みたいな、新鮮な感覚を味わうこと数分。
今度は、Vmware Fusionについてきたマカフィーをインストール。
インストール自体は良かったのですが、ユーザー登録する際にキーボードが使いにくくて困った(-ω-; ムム…
これは、今後も悩まされそうです。
で、今度は一番の目玉(?)、青色申告ソフトのインストールです。
実は、ここが一番悩んだところです。
というのは、Vmware Fusion上からどうやって外付けDVDにアクセスしていいのかがわからなかったんですね。
ま、答えは簡単でMacのツールバーにありました(^_^;A
そして、やっと青色申告ソフトをインストール終了!。

Windows 7 x64 2 2

ゴミ箱の下にあるのがそうです。
「わくわく青色申告」なんて、マイナーなもの使っています。
ま、春から増税になるので、これは今回までで、来期からはMacでもWindowsでも使えるFreeeというのを使おうと思っています。
やよいの青色申告等も考えたんだけど、バージョンアップが…。
まぁ、これはまた後で良く考えますが。

Macの仮想化ソフトをParallesとVmware Fusionと両方使ってみて、良く「Vmware Fusionはもっさり」というのをあちこちで見てきましたが、確かに一番最初に起動する時は、もっさりしていましたが、二度目以降は逆にParallesより早いと思います。
なので、私の中では今のところ後悔というのはないです。

さ、この環境で残りの入力頑張ります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする