Windows XP販売期間延長へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

Windows Vistaが発売されて随分たちますが、いまだにパソコンショップを見ると、Windows XP機が数多く売られていますね。
OS本体もまだまだ普通に出ていて、vistaは?と思っちゃうほど多いです。
しかし、Microsoft側は、大手パソコンメーカーに対し、Windows XPの販売を2008年1月31日で終りにするよう通告していましたが、それに対しユーザーなどは、未だに安定性のあるXPの方がいいと指名買いする人もいるそうです。
それを受けて、Microsoft社は、Windows XPの全機能をプレインストールしたPCの販売期間は5カ月延長され、6月30日まで続けられることになった。さらに、Microsoftは、リテール版のXPの販売期間の延長も検討しており、新興市場のコンピュータメーカーに対しては、2010年6月まで、Windows XP Starter Editionを搭載するPCの製造を認めることになったそうです。
この分だと、XPユーザーがvistへ移行するのは、まだまだ当分先のようですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Windows XP提供期限を延長

    記事:マイクロソフト、「Windows XP」提供期限を延長 (CNET Japan) XPの提供期限延長が計画されているそうですが、顧客の視点から考えると、いいことですね。 私の周囲にも、Vistaへの需要は少ないと感じます。Vistaにしているのは、Win98などサポートが終了して..