Firefox2.0.0.8をリリース。Leopardに対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

Firefoxが2.0.0.8をリリースしました。
Firefoxを使っている方は、自動的にアップグレードが出たと思います。
今回の2.0.0.8は、後数日で出荷される、MacのLeopardに対応しているそうです。
また、それだけでなく、いくつかのセキュリティ脆弱性も修正されている。
修正された脆弱性は、1つは「CVE-2007-5338」に関するもので、攻撃者がJavaスクリプトを仕掛け、ユーザーと同じ特権で動作することを可能にするもの。
「CVE-2007-5339」と「CVE-2007-5340」に関する脆弱性も修正されていて、ある一定条件下でリモードコードによる攻撃の恐れのある性能上の問題が修正されている。
そのほか、URIプロトコル処理に関する問題やonUnload Tailgatingに関する問題、SFTPプロトコルにおける脆弱性、XULページ上でウィンドウのタイトルバーが隠れる問題、ファイル入力フォーカスが奪われる脆弱性、ブラウザのダイジェスト認証に関する脆弱性が修正されたという。
既にFirefoxを利用している方はそのままで自動的にアップデートになりますが、新規に利用する方は↓から
モジラ Firefox

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. オンラインソフトリリース情報「Firefox 2.0.0.8」

    Mozilla Foundationは「Firefox 2.0.0.8」をリリースしました。8件の脆弱性が修正されております。アップデートを行いましたが、現時点で問題はでておりません。 MFSA 2007-36 不正に % エンコードされた