Windowsに年賀状ソフトインストール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

家では、複合機プリンターは、ディスクトップのWindows(旧メイン)に繋いであるので、年末が近くなり、数年ぶりに年賀状ソフトのアップグレードをすることにしました。
昨日、近所の量販店へ行き、早速今日インストール。
以前はずっとWindowsを使っていたので、インストールなんて…と軽く見ていたのですが、Macに慣れてしまった今、Windowsのソフトのインストールってなんて面倒くさいんだろう。
Macでソフトのインストールって、基本的にドラッグ&ドローでOKなので、時間かかりません。
でも、Windowsってどんなソフトでもいくつもの手順を踏んで行くのですっごく時間がかかる。
でもって、カスタムインストールとありながらもわかり辛い。
前バージョンからのアップグレードというのもあるけど、かれこれ2時間かかりました。
なんなんだ、この時間のかかり方は…。
Macではあり得ませんね、どんなソフトを入れたとしても。
Mac歴は8ヶ月、Windows歴は10年あったというのに、すっかりWindowsがわからなくなってきています。
これ、最初からMac使ってたら、もっとわからないんだろうなぁ、なんて思いました。
もう、Windowsをメインにすることはできませんね。
しかし、サブとはいえ、Windowsを持っている以上これはついてまわるんですよね~。
Linuxの方が簡単でいいなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする