覚えるのに向き不向きは関係ない!覚えたいなら何度も失敗すべし!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

最近、しつこいほどにadobeアプリを覚えるために本をめくったりネットを検索したりしている@a_kikaです。
私の仕事、デザインじゃないんですが…でも仕事で必要なので頑張っています。
今回はコラージュ風の画像を使ってバナーを作りたかったので、久々にFireworksを使いました。
が、しばらく使っていなかったら、手順とか綺麗さっぱり忘れてました(T-T)。人間は忘れる生き物だと再実感。

よく、覚えるの難しいから、とか、自分には向かないからと言って途中で投げてしまう人がいますが、努力で絶対に覚えられるんです!
今日はちょっとその辺のことを…

Nayami

Ad

今の私は、adobeのマスターというのが第一目標としてあるのですが、人それぞれ、何かをマスターしたい時ってありますよね。
個人的には、英語のマスター、韓国語のマスター等が過去ありました。
よく、3ヶ国語というと頭がいいとか思われますが、全然そんなことはないんですよ。学校の成績は中の上止まりだし
10代で、簡単な英会話をこなし、20代前半で日常生活OKになりましたが、帰国子女でもないです。それどころか英会話スクール等行ったこともありません。
親の影響と環境でなんとなく覚えていて、大人になってからハワイで会話をしっかり叩き込みました。
これは子供の頃の環境があるので、それは感謝していますが、それだけではここまで来れなかったのは事実です。
会話の後は、日本で翻訳の勉強をしながら文法等を入れました。
韓国語にいたっては、必要に迫られているのもあり、字もわからないところから、30代になってから始め、日常生活に困らない程度に覚えました。

韓国語は、9ヶ月間韓国に留学したことで、文法・単語・会話全てを効率よく覚えられましたが、それでも挫折はありました。
面白いことに人の脳って、すぐに覚えられるものと、なかなか覚えられないものがあるんですよね。
それは総体的に見て、確かに覚えにくいものもあれば、人によって違う場合もあります。
これが、向き不向きと言えるのかもしれません
私は、韓国にいる時にどうしても覚えられなかった、ある文法と単語があります。
友達は簡単に覚えていました。それでも私には無理だった。
何度、「覚えた!」と思ってもすぐに忘れてしまったり…。
だけど、それで苦労して覚えたものは、韓国語を使う機会が激減した今でも忘れていません。
というか、独り言の時や、慌てた時などに日本語がでないで韓国語になっていたりします。
しかし、語学をマスターしたという結果があるので、おそらく今回のadobe系に関しても、時間はかかっても放り出さない自信だけはあります。

今回は、仕事しながらなので、時間もそんなに取れないので、キツいと言えばキツいです。
できれば、しばらくはデザインの勉強だけに専念したいです。
でも、本業はおろそかにできませんからね。なので、覚えては忘れ、また覚え直すといった感じですが、「覚えられるのかな?」という不安はありません。
それは、語学という全然別のことだけどマスターしてきたから。

子供の時って、自転車乗れませんよね。補助付しか無理です。
でも、何度も転びながら乗れるようになりませんでしたか?多分、そうだと思います。
私はいつも、「語学が出来るのは頭が元々いいんだよ」と言われますが、本当に全然違うということを話します。
学生時代の成績表なんて、自慢じゃありませんが、見せられません。
そして、記憶力というのは、歳とともに低下します。
なので、覚えられないのを歳のせいにする人がいますが、そんなのは言い訳でしかありません。
私は、記憶力は病気で寝たきりになるまでは良かったですが、今では鶏と同じで三歩歩いたら忘れます。
それでも、韓国語をマスターしました。
それは、留学というのもあったけれど、留学したって覚えないものは覚えません。
忘れて忘れて、やっと覚えました。会話もそうです。最初はところどころしかわからないけれど、使わないと生活できないから使っていくうちに覚えました。
もう、嫌になるくらいに繰り返すしか必要がないんです。
歳だからとか、向いてないとか関係ないんです。
確かに、どこまで上達するかは、向き不向きってありますが、ある程度までは全て努力なんです。

よく、「自分は向かないから」「歳だから」と言っている人がいますが、それはただの言い訳!と断言できます。
そうでなくても、人間、くじけそうになる時はあります。私も留学中、途中で帰国することも考えたくらいです(爆)
だけど、そこで言い訳せずに粘れば、必ず成果は得られます。
もし、何かをマスターしたいけれどくじけそうな時に思い出して貰えたらいいと思います。
もちろん、私も投げ出したくなった時は、思い出します。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする