Macエディタsmultron

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

今まで、Macでサイトを作る時は、Adobe Go Liveとフリーのmiを使っていました。
面倒な所はGo Liveで、細かいところはmiを…と使い分けていたんですが、私の使っていたCSはどうも使い辛い。
しかも、Adobeなので重い。
最後の頃はなんだかんだタグの手打ちしてました(爆)
なので、しばらくはmiだけで打っていたのですが、軽くて使いやすいんだけど、もう少し入力補完機能が欲しいところ。
後、タブ機能がないのが、ちょっと残念でした。
HTMLファイルとCSSを同時に見るので、二つウィンドウが開くのがいやなんですね。
そこで、入力補完機能がいいという、skEditをダウンロードしてみたものの起動しない。
Leopard対応、とあったのになぜでしょうか。
後は海外製ならいくつかあったんですが、Shift-jisが使えるのが少ない。
そこで見つけたのが、smultron
海外のソフトですが、日本語対応しているし、Shift-jis使えます。
しかも、タブ機能あり。
ただ、タグを入れるのが、miよりちょっとわかりにくいかな?
まぁ、それも慣れでしょう。
まだ少ししか使ってないので、もっと使いこんでみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かず より:

    はじめまして。
    mi にもタブモードはありますが
    現状のタブとは違うパターンが良い、という事でしょうか。
    また、HTML 作成用途なら、mi 公式ページで配布されている
    「Strict (X)HTML mode」を使った事はありますか?
    com+Y でツール入力モードに移行し
    タグの先頭2文字をタイプしてひな形が出力されるのは
    かなり爽快です。
    選択文字の挟み込みやキャレット位置の制御も可能で
    何よりカスタマイズが楽なのがいいです。
    akika さんの望む入力補完機能が分からないので
    「それでも足りないよ」と、的外れな書き込みかもしれませんが
    ツールのカスタマイズや「Strict (X)HTML mode」を
    未経験なら、ぜひお試しください。

  2. akika より:

    >かずさん
    コメントありがとうございます。
    miにタブ機能があるのは、お恥ずかしながらしりませんでした。
    ツールのカスタマイズは、CSSを使う関係上HTML+CSSのみです。
    「Strict (X)HTML mode」はまだ使ったことがないので、早速使ってみたいと思います。
    ありがとうございましたm(_ _)m