SEOで一番大切なのは、日々の積み重ねとユーザビリティ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

最近、やっとお店の検索順位が少しずつ上向きになって、ホッとした@a_kikaです。

少し前にこのブログでも書いたのですが、ゴールデンウィーク開けからお店のアクセスがどんどんと減っていき、かなり焦っていました。
その中で、どうしたらいいのかインターネットで色々調べ、また検索順位も毎日チェックするようにし、その反面更新をマメにしていました。
そして、ちょっと前からアクセスが少しずつだけれども改善され、何より転換率があがった。
色々とあがき、調べ、本を読み、結局のところSEOには何が一番いいの?っていうのが見えてきたので、書いてみたいと思います。

Imgres

経緯

ゴールデンウィーク開けからアクセス数が減り始め、一番下がったときは半分以下にまでなりました。
これはECサイトにはすごく痛いことです。なにせ収入にモロに影響を受けます。
ちなみに、4月半ばにSEO業者が対策キーワードを変えています。

私のしたこと

これはヤバい!と思ってから、まずGoogleのペンギンアップデートやパンダアップデートに捕獲されていないかというのをチェックしました。
とはいえ、Googleがいつアップデートを行ったかなんてなかなか情報は入ってこず(SEO業者さんはご存じでしょうが)、ネットで色々と検索し、先日ご紹介したPanguin2.0というツールでチェックしました。
結果は微妙な感じでした。捕獲されたかもしれないけれど、それ以前から少しずつ下がっていたので。
一応、外部SEOは頼んでいるのですが、最近のGoogleって外部SEOってどうなんだろう?というのがあったので、とにかく自力で這い上がることを考えました。
そして、繁盛店と言われているECサイトを業種問わず見まくりました。
そこで見たのは、見栄えではなく、とにかくつぶさにどういう作りをしているかをじっくり見ていきました。
そして、運営者としてはもちろんですが、「自分ならどういうところで買うか?なぜ、そこを選ぶのか?」と考えながら見ていきました。
結果、見えてきたのは、繁盛店と言われているところは丁寧にサイトを作り込んでいました。
また、テキスト量もそれなりに(多い?)というのもわかりました。

他店をじっくりと見たことで、自分のお店の足りないところがわかってきたので、そこを1個1個潰していくようにしました。
リニューアルではなく、しっかり作り込むということ。
これは、外注にはお願いできません。できたとして、バナー作成くらいかな?(←これは本当は出したい…
そうして、作り込みを行っていく一方で、商品もどんどん追加していきました。
同時に、販売のページ以外で、またブログ以外で”読み物”と言われるページも更新していきました。
また、以前から気になっていたカートボタンの位置や色での転換率の変化も見たかったので、まずはカートボタンの色を変更。
そしてカートボタンの位置も過去の分はまだまだだけど、新しく追加した商品に関しては変更しました。

現状

そんなことをして、1ヶ月ほどたってから、アクセス数の低下が止まりました。
そして、ほんの少しですが、アクセスが増えました。
まだまだ元通りのアクセス数にはいっていないけれど、戻ってきていることは確かです。
転換率に関しては、まだ全てのページのカートボタンの位置の変更はできていないですが、全体的には良くなっています。
が、これがカートボタンのせいなのかはわかりません。SEO対策キーワードのせいかもしれません。これはもう少し時間を見る必要があると思います。

結論

マメな更新とユーザービリティ。そしてオリジナル性。
これにつきると思いました。
また、昔から言われていましたが、ヘッダーのディスクリプションやキーワードはページごとにすること。
Hタグなどもきちんと使うこと。
これも忘れてはいけないな、と思いました。
あ、もちろん、対策キーワードの選定に間違いがあってはいけませんが。

ここまで来て、納得した部分というのはあるけれど、じゃぁGoogle検索の順位って本当にGoogleの好むサイトが上位にいっているのかと言えば、そうは言えないこともありますけれどね。
この辺は言えばキリがないので、Googleに振り回されているなぁ、と思いながらも結局はお客様から見てそのサイトは有用か?価値があるか?というのを考えていくのが一番いいと思いました。
そうすれば、アクセス数はそれほど伸びなくても転換率というのは変わってくるのでは?と思いました。
こういう個人的なブログだと転換率というのは考えず、まずアクセス数ありきではありますが、アフィリエイトを考えている人なら、その辺も重要かな?と思いました。

やっと、ゆっくり眠れそうな@a_kikaでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする