Codaを買った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

先日、「エディタCodaを使ってみる」と書きましたが、その後もいくつか有償のエディタ等試してみました。
評判のいい、skEditもLeopard対応なのに動かなくて、問い合わせまでしてみたのですが、途中でメールなくなるし。
おいっ!って感じですよ。
こういうサポートじゃダメだな、というのもあるし、Codaもまだ完全に使いこなせているとは思えなかったけど、今の時点でCodaに勝るエディタがないので、そろそろお試し期間も終わるのでお買い上げ。
GoLiveさえ視野に入れていたのに、やっぱりどうもGoLiveの吐くソースが嫌い。
なぜ改行すると

になってしまうんだろう。
にしてくれ!
といつも思ってまして、その度に修正。
なので、つい面倒でそのままタグ打ちしてたんですよ。
タグ入力補完は良かったんですけどね。
でも、FTP機能がどうも使い勝手が悪いのと全体的にもっさりとした動作がやはり性にあわないようでした。
その点、Godaはというと、
インターフェースは、こんだけ?という位Macライクなシンプルさだけど、タグ補完機能は優れてます。
しかも、プレビューモードもあり、これがSafariチックな見え方なので楽です。
そして、いざとなったら、プレビューモードとタグ画面と両方開いて作業することも可能。
Panic社の方では、「エディタ + FTP + ターミナル + マニュアル」が売りのようですが、何故にターミナル?
そしてマニュアルだけは英語版です。
で、きちんとしたHTML,CSS辞典が欲しければ有料となります。
こんな風においおい…な部分もありますが、何より軽くて、使いやすいというだけで利点はあります。
これでいちいちツールバーから呼び出して…なんてこともせずに、キーボードだけで操作ができます(私にとってこれは大きい)。
ま、エディタにしてはお値段が高かったけど、使い勝手からしたらいいでしょう。
Macのエディタを使い倒しましたが、コレが一番でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする