Lineに続いてカカオトークもMac版に対応!カカオトークの良さって?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

3連休に入りましたね。関係ない仕事をしているようでいて、何気に気が楽な@a_kikaです。

このブログで、メッセージアプリのLineやカカオトークのネタを扱ってはいませんでしたが、韓国留学時から手放せない物のひとつです。
最近は、Line人気でLineを使うことの方が多くなりましたが、留学時はもっぱらカカオばかり。
今、日本ではLineが人気ですが、以前からメッセージアプリを使っている人の中には、カカオは未だに根強いファンがいるので、使用頻度は落ちても、私としても使わない訳にはいかないアプリです。
実は、以前、機種変して、カカオを入れないで数ヶ月放置していたら、友達から怒られました(^^ゞ

でも、Lineが人気の今、カカオを使う理由は何か?と言うと…

ズバリ、グループでのやりとりには、カカオの方が適している!

この一言に尽きます。

もちろん、Lineもグループチャットは可能ですが、細かい部分でカカオの方が向いているんですね。
5人までになりますが、複数人の会話も可能です。
これ、何気に大きいんです。

私の例になりますが、韓国の親友が日本に来たとき、その親友とも私を通して仲良くなった、私の留学時代の友達と、その友達で、やはり韓国の親友とも顔見知りの4人で集まることになりました。
そのときに活躍したのがカカオでした。
日時の調整やちょっとした連絡等、幹事が一人一人とやるよりもカカオのグループメッセージの方が楽ですし、参加する方も幹事さん任せでなく、リアルタイムで状況がわかりますし、ちょっと通話したい、という時にそれが出来る。

なので、私的には、個人のやりとりはLine、グループの時と韓国留学時代の友達(外国人含む)はカカオといった感じで使い分けをしています。

グループで使うことが多い方でカカオを使っていない方は一度使ってみて下さい。

ただ、カカオはやたらQoo10の広告メッセージが入ってくるのが難点です。

カカオトーク  KakaoTalk
カカオトーク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする