XPでVista風3D

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

昨日書いた、Windows XPでVista風の3Dにできるソフトを紹介しましたが、今日早速インストールして試してみました。
半透明にもできるので、いくつか立てても透けて見えるし、窓立ての位置や向き、角度といったものがマウスひとつでできました。
窓立てしたディスクトップ↓
mado2.jpg
どうですか?
本物のAeroほどではないけど、結構良くできていると思いませんか?
この角度も私は立てましたが、横にすることもできます。
もちろん、立てて、逆向きにすることも回転させることも可能です。
操作はいたって簡単です。


インストールすると、↓のように画面上に□っぽいマークがでます。
mado.jpg
赤い丸で囲んであるところをクリックすると、3D化されます。
後は好きな角度で立ててください。
インストールは↓から
窓立て2
◆インストール方法
1.窓立て2のサイトへ行き、ソフトをダウンロードします。
2.ダウンロードしたものを解凍し、ファイルの中のmadodate.exeをクリック
3.タスクバーの常駐ソフトのところにソフトが追加されます。
これで、OKです。
窓立ての設定を変えたい場合は、タスクバーアイコンをクリックすると設定ができます。
これで、Vista体験ができますよ。

コメント

  1. ハボラー より:

    はじめまして。
    窓立てユーザーです。
    実は、XP時代から窓立ては使っていたのですが、VistaBasicでも使っています。
    BasicではWindowsAeroが使えないのでフリップ3D代わりに・・・。
    開発が止まっていますけれども、本当によくできたソフトですね。

  2. akika より:

    >ハボラーさん
    はじめまして。訪問&コメントありがとうございます。
    Vista Basicでも窓立て、使えるんですね!
    BasicはAero機能ないですもんね。
    だけど、窓立てがあれば大丈夫かな?
    Vista Life楽しんでください^^