Canon IXY610Fが2度目の修理から戻ってきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

こんばんは。最近、インターネットというものを本当にしていなかった@a_kikaです。
久々にMac系のブログ等を見て、ちょっと浦島太郎状態(^^;)

少し前に、Canon IXY610Fが2度目の修理から戻ってきました。
修理に出す前は、フル充電でも2〜3枚撮ればバッテリー切れという状態。
もう、”カメラ”というものの機能をまったく果たしていませんでした。
ネットでも、2度はおろか3度以上出しているユーザーもいて、「もういい加減にして」状態だったので、
画像が多少粗くてもきちんと撮影できればいい、という、なんとも論点の違う状態になっていました。

A0002 004839

カメラなのだから、撮れるのは当たり前。
しかし、このIXY610Fでは撮ることさえ出来ないのだから、本末転倒。
正直、もう手放してもいいと思って2度目の修理に出しました。
そして、戻ってくるまで8日ほど。
長い旅を終えて、IXY610Fが戻ってきました。

今回、修理に出したのは、IXY610F本体、バッテリーパック、充電器の3点。
バッテリーパックと充電器は他IXYで問題なかったのを伝えていましたが、必要だったようです。
そして、結果。

  • バッテリーパック異常なし
  • 充電器異常なし

という回答。
そして…

  • 念のため、カメラ本体、バッテリー接触部清掃
  • バッテリー接触部交換

えと…??
何回も読み直したのですが、どこに異常があったのかがわからない。
んと、接触部交換ということは、そこに異常があったのでしょうか?
そう、だよね?
だけど、そうは書かれていない。
なんか、すっきりしない感を持ちながらも、”とりあえず、撮影できればいい”と思い、その後まだちょっとしか使っていないけれど、バッテリーフルから2段階への減りはすぐでしたが、とりあえず10枚ほど撮影しましたが、今のところ、まだバッテリー切れにはなっていません。
これで、もう、大丈夫なの?
本当はもっとバシバシ撮影すればいいんでしょうが、もうすっかり嫌気がさしてしまったので、”ちょっとそこまで”とかの時以外使わなくなってしまいました(^^ゞ

バッテリーフルから2への減りは相変わらず早かったけれど、とりあえずその後少し撮影出来ているので、放置しています。
ただ、相変わらずWi-fiが繋がりません。
このカメラにしたの、色もだけど、Wi-fi機能があったからなんだけど…。
でもね、Wi-fi繋がらなくても、撮影できればいいです。
うん、やっぱり論点ずれていると思うけど。
とりあえず、今のところ大丈夫っぽい。
だけど、本当に大丈夫かは今のところはわからないです。

ただ、今回のことで、個人的にはもうキャノンは嫌です。
ミラーレスとかハイスペックコンデジに惹かれるけれど、何があってもキャノンはもう選びません。
サポートセンターは、NECやブラザーよりはいいです。
が、確かに悪くはないのですが、ヒューレットパッカードやAppleの対応に比べると良くないないです。
ただ、数をこなしているだけ、そんな感じなんですね。
で、サポートセンターを使った感想とか聞いてきませんね。
いいっちゃいいのですが、個人的には「あぁ、ここから学んで改善していこう」という姿勢がないんだな、と思いました。
ヒューレットパッカードもAppleもそれがあるんですね。
いえ、Appleサポートもたまに??な時はありますが、総じてレベルは高いです。
キャノンは悪くないけれど、心ないね、的な。
なので、もう、キャノンは嫌だと思いました。
大体、2度も修理出さなければいけない状況があること事態おかしいので。
そして、そんな修理を当たり前にしていることに”信用”は出来ないので。

しかし、カメラどうしようかなぁ?
少し前からnikonのミラーレスとハイスペックコンデジをにらめっこしているのですが…。
D3200を購入して、すっかりnikonのレンズに惚れてしまったので(^^ゞ
まぁ、しばらくは撮影することも少ないので、もう少し考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする