Windows7はやっぱり2010年?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

来年にも出るのではないか、と噂されていた次期Windows OSのWindows7ですが、マイクロソフトは、2010年にリリースすると言ったそうです。
しかし、2010年としてもVistaの寿命は短いですね。
確かにマイクロソフトの過去を振り返ってみて、XPが長過ぎる(というかVista開発が遅れたため)のですが。
だけど、市場を見てもVistaの浸透率は低いもので、今までWindows MEが一番の失敗作と言われていましたが、Vistaはそれを上回るんではないだろうかという状態ですね。
Vistaが遅れ遅れのリリースで、結局は伸び悩みであることを考えると、次期OSは失敗できないですね。
Windows7は2010年

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. TORIO より:

    ゲイツ氏は来年のリリースをほのめかしているようです。
    Windows 7はアップルOSと同じく極秘裏に進められているようですが、7が出る前にアップルはOSメージャーアップをするでしょう。
    ところで7はどういう意味があると思われますか?
    7個のバージョンで出て来るように推測されますが。

  2. akika より:

    >TORIOさん
    ゲイツ氏は来年リリースをほのめかし、マイクロソフトはそれを否定するというちぐはぐな感じですね。
    Windows7に対して、マイクロソフトは必死な感がありますね。
    7つのバージョンですか…。Vistaよりすごいですね。はっきり言って混乱します。
    私の中で、Windows7というのは本当に最終コードネームなのか?というのが残っています。
    以前は、Viennaなんてドイツ語使ってましたし。
    最後の最後に変わるのでは?という頭があります。