ドコモ光セット割発表!だけどメリットが少ないかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

最近、生息しているのかよくわからない@a_kikaです。
なんでしょう。本当に最近、自分がどう生息していたのかよくわからないです。
忙しいと言えば忙しいんだけれど、では捗っているのかと言えばそうでもなく。
地味に危機感を抱いています。

と、そんな私のことは置いといて。
ドコモが光回線とのセット割を発表しましたね。
自宅がNTT光回線なので、心待ちにしていた発表なのですが、蓋を開けてみると…う〜ん、な点が点在しています。
ちょっと見てみましょう!

ドコモ光

スポンサーリンク

高い

光サービスと携帯契約のセットというと、KDDIがauひかりをやっています。
auひかりはISP費込で戸建て5200円、マンション3800円。
対してドコモ光は、戸建てがタイプAが5200円、タイプB5400円。
マンションはタイプA4000円、タイプBが4200円。
タイプAとBはプロバイダーの違いです。
プロバイダー別料金の単独タイプは戸建て5000円、マンション3800円です。
まぁ、いまどきのプロバイダーは比較的安いですが、それでもちょっと高いですよね。
しかも、良く見ると、プロバイダーを変更するには3000円の事務手数料がかかるとのこと。
プロバイダー変更って無料ですよね。なのに、ドコモ光にすると違うとか…。
いっそのこと、独自のプロバイダーを作って、そこだけにして安くすればいいのにと思ってしまう。

割引額はパケット契約プランにより異なる

ここが一番のデメリットかもしれません。
割引を見てみましょう。

まずは戸建て

ドコモ光パック戸建て

続いてマンション

ドコモ光パックマンション

家族でドコモを使っているのなら、それなりの割引になります。
しかし、一人やもしくは少人数だとそれほどでもありません。
家族とはいえ、2人くらいじゃメリットにもなりません。
ドコモで一番契約数が多いであろう、データSパックでは月500円引き…。
確かに、月500円でも一年では6000円の割引ではあります。
しかし、先ほどのプロバイダー変更に3000円かかるとすると、3000円の割引でしかありません。

ドコモを解約するとドコモ光も解約

当然ですが、ドコモの回線を解約するとドコモ光も解約になります。
しかも、定期契約プランに加入している場合、期間内に解約すると違約金として戸建て13000円、マンション8000円がかかります。

これを見ると、ドコモ光は4人以上の家族で高額なシェアパック契約をしている人はいいかもしれません。
が、1人や2人で少額シェアパック契約の場合は大きなメリットはありません。
逆に縛りが増えるだけですね。
それだったら、NTT光の2年とかの方がいいかもしれません。

auひかりに対抗という形だったので、期待していたのですが、拍子抜けしました。
KDDIはホッとしたんではないでしょうか。
しかし、ドコモやる気あるのかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする