25年前のPhotoshopの作業の様子が見られる動画が面白い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

すっかり、ブログ更新がご無沙汰気味になっている@a_kikaです。
もう最近は、日常は仕事しかないんじゃないか?な生活を送っていて、MacネタもiPhoneネタも疎いです。
すべてにおいて、”楽しむ”ということがなくなってきている気がする。
まずいです。非常にまずいと思います。

そんな中で、たまーに仕事以外となるとPhotoshopやらいじったり、Webデザインの色々勉強したりしているのですが、
Adobeが2015年2月19日で25周年だとか。
すごい、もう25年もたつんだ、なんて感動すら覚えました。

そこで、25年前のPhotoshopでの作業風景の動画があったので見たのですが、
とても感慨深かったです。
動画はこちら↓

25年前というと、1990年なのですが、その頃のパソコンを思い返してみると、桐とかの時代ですよね。
ええ、私も会社で桐やら松やら使っていましたよ。あ、一太郎もありましたね。
わからない方は、お父さんに聞きましょう(笑)

インターネットなんて概念もなく、パソコンってデータベースだと思ってました^^;
ワープロ機能に加えてデータベースがあるのがパソコンって感じ。
当時、企業が使っていたのは当然Macではありませんからね。
グラフィックができると当時の私は知りませんでした。
そんな時代にグラフィックソフトというのは、すごいびっくりですよね〜。
今のパソコンしか知らない世代はわからないでしょうが、昔のパソコンを知っていると驚きです。
だって、25年前に今と同じことができるPhotoshopがあってなんて…
データベースとかワープロなんてもんじゃないし。
そんなパソコンしか使っていなかった私は、感動しながら見てました(笑

でも、動画で使われてたあの方法、”こんなやり方思いつかなかった”というのがありました。
深いね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする