引っ越しが決まり自炊を急いでいて感じた現状の悩みと不満点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

お久しぶりの@a_kikaです。
バタバタとした4月上旬から21日。
そして、それが終わる少し前に、以前からなんとなく言っていた、”引っ越し”が本格的に話しが進み、4月21日の仕事一段落とともに、横浜から遠く離れた移転先候補地へ飛びました。
しかし、そこでは物件の収穫はなく横浜へ戻り、数日たたないうちに、現在の住まいの売却が決まり、慌てています。
とりあえず、今の物件の売却契約がもう少ししたらあるので、それが終わったら再度移転先候補地へ飛ぶ予定です。

現在の住居は、生まれた時から住んでいる横浜。
途中、海外生活が計2年ほどありましたが、それ以外はずっと横浜。
そんな私が移転先として選んだのが、山形県鶴岡市。

山形県は父の故郷ではあるのですが、鶴岡ではなく、なぜ鶴岡にしたかと言うと、良さげな物件が結構ある。
都市機能が揃っている。
大好きな海があり、また城下町で日本情緒がある、という点から。
海がないと息がつまる人間で、横浜は大好きだけれど、海外生活から日本らしい街に憧れた、というのが大きいです。

と、そんな感じで、7月末頃までには引っ越さないといけない訳ですが、仕事柄荷物が半端なく多い私。
しかも、本好きで本の量も半端じゃなく多い。
なので、移転先が決まるまでは、本の自炊に励もうと思い、ゴールデンウィークは自炊をしていました。
そこで、感じた現在の自炊環境の悩みというか不満点です。

スポンサーリンク

裁断機のブック40のメモリの曲がり

これは購入直後に気づいたのですが、ガイドとなるメモリが曲がっていること。
なので、本を上部に合わせて裁断すると、斜めになってしまう。
そうでなくとも、上から裁断するタイプは裁断面が斜めになりやすいと言いますが、メモリが曲がっていては余計に斜めになる。
この切断面が斜めになるということは、なんでもないようでいて、スキャナ時に傾きやすくなります。
これが、半端じゃなくストレス。

Scansnap s1300iの遅さ

今までは、そんなに急いでスキャンすることもなかったので、さほど気にならなかったスキャナの遅さ。
けれど、たくさんの本を短時間にスキャンしたいとなり、スキャナの遅さが気になるように。

データの保管先

電子書籍を読むのはもっぱらSonyのReaderかKindle Whiteです。
これは、私の蔵書の9.8割が小説というため、目に優しいEインクが良いからです。
しかし、Kindleは内部ストレージが小さく、Kindleに転送するのはためらわれます。
そこで、SDカードによる外部拡張が可能なSony Reader一択となるのですが、
Sonyが電子書籍端末をもう作らないと宣言したことなどから、今後、Readerがダメになった時の不安。
また、SDカードの32GBというとかなりの冊数を保存できるのですが、SDカードというのに
一抹の不安もあります。
一番いいのは、ストレージに預け、電子書籍端末からアクセスすること。
なのですが、ReaderもKindleはそれはできません。
というか、それをしたいなら、iPadをはじめとしたタブレットで読むことになります。
しかし、目への負担を考えるとEインクが捨てられない私。
となると、SDカードというのは我慢し、Readerに何かあったらKoboあたりで我慢するしかないかなと思っています。

上記の3つに不満OR悩みを持っているのですが、現状、ブック40から買い換えるのに、コレといった裁断機が見つからないので、
しばらくブック40を使うしかないと思っています。
カールとかプラスとかあるのですが、機能やお値段との兼ね合いがね…。

最後にスキャナ。
これも悩みますが、購入してからのスキャン総ページが買い換えるには、もう少し先かな?と思うので、
先送りにしていますが、パッドを交換する必要が出てきたら買い換えたいと思っています。
しかし、Scansnapの上位モデルはとにかく高い。
一部で改悪と言われているアクロバットが付属しないのは、別途アクロバットを持っているので気にならないのですが、
お値段が…。
そこで、Canonをはじめ、Epson、Brotherなどを検討するのですが、Brotherはいい印象がないので却下。
残るはCanonかEpsonなんですが、傾き補正などはScansnapが一番いいみたいだし、なんだかんだ言って
一番バランスが良い機種なんだとは思いますが、お値段がね…。
この辺のすり合わせをどうするかだなぁ、と思っています。

どれも今すぐのことではないけれど、今までと違い、短時間でより多くの本を自炊する必要に迫られて、
ちょっと悩みが出てきました。

自炊も、なかなか難しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする