Sony ReaderとMacの接続異常中に転送したファイルの異常と接続トラブル解決方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

ここ数日、Sony Readerにつきっきりだった@a_kikaです。

少し前に自炊した本をMacからReaderへ転送しようとした時に、機器がうまく接続できず
何度か試すうちになんとか接続できたので、本を転送したところページ数表示が数百ページあるのに、3ページという表示に。
その後は何度やってもMacには繋がらず、Sonyのサポートに連絡し、修理を依頼する電話をした後、
なんとかきちんと接続できるようになったので、その解決方法などを防備録として残そうと思います。eBook transfer for Reader

まず、事の起こりはScansnapでスキャンした本をSony Readerに転送しようとした際に、
機器がうまく接続できなくなり、接続できたかと思うとすぐに切断されてしまうという状態になりました。
この時のエラー表示としては、「充電して下さい」というエラーメッセージでした。
しかし、Readerの充電はたっぷりと残っていました。
それで、何度か接続を試みているうちに、なんとかReaderを認識できたので、急いでファイルを転送。
なのですが、送られた本をReaderで確認すると、数百ページあるのに、3ページという表示。
なので、Reader内のファイルを削除し、再転送しようと再度MacとReaderを接続しようとするも、
何度やっても認識されませんでした。

ここで、Sonyのサポートにメール。
2日後に返ってきたメールには、「本体リセットと設定のリセットをして下さい」というものでした。
本体リセットと設定のリセット方法は下記の通り。

本体リセット

  1. Readerの電源を入れた状態で、下部にあるリセットボタンを先のとがったもので押す。
  2. 5秒たってから、電源ボタンを押す。
  3. Readerが再起動される。

設定リセット

  1. Readerのホーム画面からアプリ→設定をタップ。
  2. リセット→すべての設定をタップ。
  3. 「すべての設定をリセットしますか?」と表示されるので「はい」を選択する。

ちなみに、本体リセットや設定リセットをしてもReader内のファイルは消えたりしません。
ただし、設定リセットをした場合、日付を再設定する必要があります。
これは、リセットで「はい」を選択するとすぐに日付設定に切り替わるので、ここで設定するだけ。

上記2つのリセットを試みた後で、Macに接続しようとしましたが、やはり同じエラーで接続できず。
こうなると、修理に出すしかなくなります。
普通、Readerの保証期間は1年ですが、私はオンラインのソニーストアで購入しているので、保証が3年保証です。
購入したのが、2012年11月なので、まだ3年保証期間内。

Sonyの修理依頼へ電話をすると、ソニーストアで購入していても、購入明細書がないと有償になる場合があるとのことでした。
保証書が、購入明細書の下部にあるんですね。
見つかるか不安だったのですが、とりあえずピックアップを予約しました。
その後、購入明細書が見つかったので一安心。

これで、後は修理に出すだけだったのですが、ふとWindowsで接続していなかったことを思い出し、
いそいそとVaioに接続。
最近、VaioのUSBポートが認識されなかったりということがあるので、Macでやっていたのですが、
Vaioを放電し、なんとかUSBが認識されるのを確認してからReaderを接続すると、きちんと機器を認識してくれました!
機器を認識しないのは、Reader本体もしくはケーブルの異常と思い、サポートの方もそう思っていたのですが、
これって違うんじゃないかと思い、MacのeBook transfer for Readerを削除し再インストール。
そして、再度Readerを接続すると、きちんと認識されました!
ここで、ページ数の表示がおかしかったファイルを削除し、再度転送すると、このファイルのページ数もきちんと表示されるようになりました。
うーん、つまり、機器の異常でもケーブルの異常でもなかった訳ですね。
eBook transfer for Readerの異常だったのでしょうか。

私はMacとWindowsと2台持っていたのでこういったことを試すことができましたが、
1台しかない場合はできないと思います。
その場合は、MacでもWindowsでも一度eBook transfer for Readerをアンインストールして、
再度インストールしてみて下さい。
eBook transfer for Reader自体挙動がおかしくなることがあるみたいなので、
意外とこれは有効かもしれません。
これ、いくらググっても出てこなかったので、覚えておくといいかもしれません。

ページ数の表示がおかしかったのも、機器の接続がおかしかったのでしょうね。
その中で転送したために起きたのだと思います。

明日、修理のピックアップをお願いしてあったのですが、うまく認識できたし、午後なので修理はキャンセルしようと思います。
でも、ここ数日ずっとどうしようか悩んでいたのでスッキリしました。

どうでもいいことかもしれませんが、ソニー製品を購入する場合、ソニーストアで購入するのは心強いと思いました。
確かに、他店で購入した方が安いです。
でも、その場合保証は1年間。
ソニーストアで購入すると、数百円高いけれど保証が3年保証になります。
大体、1年で壊れることってまずないと思うんですね。
だけど、2年を超えると可能性って出てくる。
通常だと、この時点で保証が切れていて有償修理になります。
ソニーの場合、引取修理サービスが7900円(税抜き)、持ち込みで6700円(税抜き)になります。
こうなると、修理のために8000円超えとなると、機器によっては新しいのを購入した方が安くなる場合もあります。
Readerの場合は微妙ですね。
購入するよりは安いけれど、2000円以内の差なので修理に出して使えない期間を考えたら新しいのを購入した方がいいかもしれません。
私も、有償修理になるなら、迷わず購入しますね。

しかし、アプリの異常はソニーさんも考えていなかったようで、盲点でした。
さぁ、これで中断していた自炊を続けられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする