Mac OSX 10.5.3でTime Machineオプション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

Apple Insiderによると、マイナーアップデートのMac OSX10.5.3では、Time MachineにノートMac用のオプションが追加されるらしく、これにより、内蔵バッテリーで稼働している間はTime Machineによるバックアップ処理を先送りできるということです。
これで、Time Machineによるバックアップ処理中にバッテリー切れを起こす危険を回避することが出来ますね。
tmbatterybackup-080512-1.png

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Mac OS X v10.5.3でTMにオプション追加

    10.5.3のTime Machineに新しいオプション項目が追加もうそろそろ登場するであろうLeopardの次期マイナーアップデートの10.5.3。この10.5.3のTime MachineにノートMac用のオプションが一つ追加されたようです。 追加された項目は「Back up while on battery power」という項目。内蔵バッテリーで稼働している間はTime Machineによるバックアップ処理を先送りさせるものらしい。 この項目が有効になっている場合は、電源コードが接続されるまでバックアップ処理が先送りされるようになるので、Time Machineによるバックアップ処理中にバッテリー切れを起こす危険を回避することが出来るようになる。 ノートMacユーザの心配事が一つ減りますね♪ 【ネタもと】New Time Machine option in 10.5.3@AppleInsider

  2. Junkie's LoG より:

    「Mac OS X 10.5.3 Update」がリリース

    レパード3度目の更新「Mac OS X 10.5.3 Update」がリリース
    帰ったら、さっそくアップデートせねば。
    この方が詳細を書いてくれています。
    Appleよ…