Time machineに泣かされる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

Mac OSXには標準で随時バックアップを取ってくれる、『Time Machine』という機能があります。
機械ものゆえ、いつどうなるかわからないので、これはとても便利なのですが、どうもこれに泣かされています。


LeopardからTime Machineが標準搭載になってからバッファローの外付けHDをTime Machineのバックアップ先に指定していました。
しかし、今年の春、無線環境を作ろうということでTime Capsuleを購入したのを機にバックアップ先をTime Capsuleにしたのですが、これがどうしたことか初回バックアップ+その後数回はきちんとバックアップを取ってくれるのですが、何回かした後からエ ラーでまくり。
なのでgoogle先生にお伺いをたてると、出るわ出るわ同じような事例が。
これで解決!と思う先人の記事を元に試すも何故が解決せず。
だったら、バッファローの外付け使えばいいじゃん、となるのですがTime Machineに嫌われているのか、このバッファローの外付け、Mac OSX10.5.7にアップグレード後認識されないというバグが出ているのです。
当初はバッファロー側で無償アップデートしてくれるということだったのですが、いつの間にか有償に。
しかも7,350!
外付けHDが安くなっている今、後少し足せば1T買えるじゃない。
これは高すぎ!
こうなったら意地でもTime Capsuleにバックアップを取りたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする