iPhone6sへ機種変と共にSanDiskのiXpandを使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

久しぶりにiPhoneを機種変した@a_kikaです。

iPhone6sのローズゴールドに一目惚れし、iPhone5では最新のiOSが重いことから少し遅れてiPhone6sローズゴールドを予約。
発売から少し遅れた10月上旬にdocomoにて機種変してきました。
そんなiPhone6sへの機種変と共に、外部メモリーを使えないiPhoneで使用できるSanDiskのiXpandを頂いたので使ってみました。

Ad
iPhoneって外部メモリーが使えないので、SDカードなどを使用できないので画像などがそのままiPhone本体に溜まりますよね。
私はあまり画像は溜めないタイプではあるのですが、それでも使っているうちに結構溜まっていくんですね。
外部メモリーを使えるAndroidは画像をSDカードなどに保存できるし、音楽も外部メモリーに入れておくと機種変する時に楽です。
だけど、iPhoneではそれができない。
今回、2年以上使ったiPhone5からの機種変で、この溜まった画像が結構困りました。
そんな時に頂いたのが、SanDiskのiXpand。

USBメモリーだけど、LightningコネクタもついていてMacをはじめとするPCやiPhoneでファイル共有ができるというので、
ちょっと使ってみました。
今回頂いたiXpandは16GBのもの。

今回はiPhoneに溜まった画像をiXpandに移すことと、音楽ファイルを少し入れてみました。

使い方は簡単で、iXpandをiPhoneに接続するとAppStoreからSanDiskのアプリがダウンロードできます。
これで、iPhoneに溜まった画像をiXpandに転送。
画像のバックアップは難しくなく、自動バックアップ可能なので楽。
この辺の操作性は良いと思いました。
うん、これはなかなか便利です。

そして、普段、iPhoneとAndroidと2台使用しているので音楽はクラウドを利用しています。
なので、基本、iPhoneに音楽ファイルを入れることはないのですが、
クラウドの欠点として繋がりにくい時などがあるので、iXpandを使うとどうなのかも気になりました。

普段使っているMacにiXpandを挿して、音楽ファイルをiXpandに転送。
後はiPhoneにiXpandを挿す。
この手順はとても楽でしたが、音楽を聴く時にiPhoneにiXpandを挿すと
正直、iXpandが大きくて邪魔!
部屋で聞く分には、構いませんが、外出先などでは無理ですね。
こんな大きなものつけて聞くなら、iPodなりウォークマンなりで聞く方が邪魔になりません。

画像のバックアップと音楽ファイルということで使用してみましたが、サイズ的問題から、
たまにiPhoneの画像をバックアップしたいという時に挿して使うのには便利ですが、
音楽ファイルのように常駐させたいものの使用に関してはサイズ感的に向かないと思いました。

と、画像のバックアップには便利と書きましたが、画像バックアップにも本当に向くのだろうか?と思ったのが、
パソコンに挿す場合はUSBメモリーということ。
このUSBメモリーというのが、微妙なところかな、と。
というのも、USBメモリーって認識しなくなって急に使えなくなることってありますよね。
私も今まで、USBメモリーは使ってきましたが、認識しなくなって使えなくなることが結構ありました。
なので、私自身はあまりUSBメモリーというのを信用していないのですね。
iXpandはパソコンではUSBメモリーと接続するしか方法がないので、ある日USBメモリーが認識されなくなったら、
iXpandに溜めていた画像は全てパーになります。
これを回避するには、こまめにパソコンと繋いでパソコンにバックアップする必要があります。
もちろん、パソコン内のデータもバックアップが必要になるので、iPhoneから画像をバックアップするのに
iXpandは一時的な受け渡しメモリーとしてしか使用できません。

そういう一時的なメモリーで構わないのであれば、画像バックアップ用途には良いと思いますが、
iXpandからパソコンに移して、またバックアップという手間が面倒と思うのであれば、
iPhoneやパソコンから簡単にアクセスできるiCloudの方が便利で手間なしだと思いました。

こういった物は、使うひとによっては便利なのですが、残念ながら私には向かないようでした。
でも、そう考えると、iCloudってすごく便利なんだなぁ、と思いました。

ちなみに、iPhone6sですが、iPhone5からの機種変だとすごく大きく感じるし軽いですね。
また、iPhone5では最近のiOSはモッサリしていたのですが、iPhone6sではサクサク。
本当に最近のiOSは大きいんだな、と思いました。
全体的には、処理能力が高くなったので満足なのですが、やはりAndroidに比べるとWi-fi下でも
パケ詰まりのようになることが多いですね。
新しいiPhoneにしたら、解消されるかな、と思ったのですが、これは解消されませんでした。
どうも、iPhoneってWi-fiがあまり良くないようが気がします。
良くないというか、相性がありすぎるのかな?
また、やはりBluetoothの接続も面倒で、Bluetoothスピーカーやコンポに接続することが多い私にはちょっと不満。

でも、全体的にはいい端末だとは思います。
ただ、私が入手したCPUはサムスンのものでした。
バッテリー持ちが違うのに、価格は同じで、交換はしないというのはなんだか釈然としませんね。
それじゃ、うたい文句と違うよね、と思ってしまうんですよね。
確かに、出荷台数が多いから、というのはわからなくはないのですが、他のメーカーはこういうことしていないですよね。
スマホにくじ引き要素を持たせないで欲しいと強く要望したいです。

全体的には良い端末だと思うから、この辺を改善して欲しいと切に願います。

SanDisk(サンディスク) iXpandフラッシュドライブ (Lightningコネクタ搭載USBメモリ) [16GB] SDIX-016G-P57

新品価格
¥5,980から
(2015/11/5 22:13時点)

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする