Macのテキストエディットで文字数をカウントする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

キーボードが未だに決まらない@a_kikaです。

アルミのiMacになってから、キーボードの買い換えが多いです。
薄くなったせいか、白いiMacの時と違いキーボードが弱くなった気がします。
過去、Apple純正キーボードをいくつダメにしたか。
そして、ロジテックのキーボードにしたものの、2年弱いでソーラーがダメになると言う結果に。
いい加減、長く使えるキーボードが欲しいです。

さて、最近、長文を打つことになり、文字数どれくらいなんだろう?と思うことがありました。
Wordでは文字数をカウントできますが、文章を打つだけでWordを立ち上げたくないので調べて見ました。

Macでの文字数カウントはテキストエディットで出来る

Macで、Wordを使わずに文字数をカウントするにはどうしたらいいのか調べたところ、
付属のテキストエディットとAppleScriptの組み合わせで出来ることがわかりました。

まずは、AppleScriptを作ります。

ネットで調べると、AppleScript エディタ.appを使うと書いてあったのですが、
Macの中いくら調べてもAppleScript エディタ.appがありません。(OSはYosemiteになります)
前は確かにありましたが。

で、探しているとスクリプトエディタ.appを発見。
Script作るならコレですね。

スクリプトエディタは、アプリケーション → ユーティリティ → スクリプトエディタ になります。 

スクリプトエディタ

そこで、下記をコピペ。

tell application "TextEdit"
set word_count to count words of document 1
set char_count to count characters of document 1
set show_words to (word_count as string) & " 語 (" & (char_count as string) & " 文字です)"
set dialog_title to "TextEdit Word Count"
display dialog show_words with icon 1 with title dialog_title buttons {"Ok"} default button "Ok"
end tell

Word Count

Scriptの保存先ですが、ライブラリのScriptsの中にTextEditというフォルダーを作成します。

まず先にフォルダーを作成しておくといいと思います。

上記のScriptをTextEditというフォルダーの中に、Word Countという名前で保存。
これで、準備が出来ました。

後は、テキストエディットで文章を入力し、文字数を数えたくなったら、メニューバーにあるAppleScript エディタのアイコンから、先ほどのWord Countを選びます。

Word Count

すると、下記のようにポップアップで文字数が表示されます。

Word Count

AppleScript エディタ.appがない!というので、探すのに時間がかかりましたが、後はとても簡単でした。
Scriptを作るのは難しいのでは、と思っている方も、テキストを保存するのと同じで出来るのでぜひやってみて下さい。

以上、@a_kikaでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする