今見ているサイトを一瞬で他のブラウザで開く『Switch』が便利!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

Web開発はもちろん、今見ているサイトを他のブラウザで開きたい、そんな場合も結構あると思います。

通常は、URLをコピーして、見たいブラウザを立ち上げてURLをペースト…
そんな手間を踏んでいますよね。
ランチャーアプリでブラウザを選ぶという手もありますが、それもちょっと面倒。

それをクリック1つで違うブラウザですぐに確認できたらどうでしょうか。
世の中には便利なアプリがあるもので、そんなわがままを叶えてくれるアプリもありました。
それが、『Switch』です。

スポンサーリンク

Switchをダウンロード

まずは、本家サイトからダウンロード。

Switch

スッキリとしたサイトなので、迷うことはないと思います。
紫の “Download” をクリックするとzipファイルがダウンロードされます。

Switchを使ってみる

zipファイルを解凍すると、appファイルがすぐに出てくるので、まずはアプリフォルダーへ移してから立ち上げましょう。

こんなアイコンですね↓↓

Switch icon

これをクリックすると、メニューバーに『→』のアイコンが出るので、そのアイコンをクリックすると、自分のMacの中に入っているブラウザが表示されます。
私はこんな感じです。↓↓

Switch menu

この中から、切り替えたいブラウザをクリックすると自動的にブラウザが立ち上がり、現在見ているサイトが表示されます。

私はたまにブラウザを切り替えたい時があるのですが、最初はランチャーアプリでブラウザを選んで、URLをペーストとしていましたが、最近はAlfred使いなので、
Alfredでブラウザを起動させてURLをペーストしていました(あまり、変わっていないですね(^^ゞ)
でも、何気なく見つけた、このSwitchで一気に楽になりました。

これでWebサイト確認等が一気に楽になること間違いなしですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする