トークンをなくした?そんな時のジャパンネット銀行のサポートがわかりやすかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

ネットをする人でネットバンクを1つも使っていない人はいないのではないでしょうか。
私も公私共に使用しています。

ネットバンクのみならず、インターネットバンキングで重要なのが、ジャパンネット銀行ではトークン。ワンタイムパスワードなどとも呼ばれているアレです。
大事なものなので、しっかりと保管しているものですが、「見つからない!」と焦ることもあるのではないでしょうか。

私も先日、トークンやワンタイムパスワードを保管しているケースをひっくり返してしまい、ジャパンネット銀行のトークンだけ見当たらなくて焦りました。
その時に、ジャパンネット銀行のサポートを見たのですが、そこがとてもわかりやすく、他のネットバンクも見習って欲しいなと思いました。ジャパンネット銀行

数あるネットバンクの中でも中堅どころになるのでしょうか。
利率などを比較すると、正直それほどうまみがないと思われているジャパンネット銀行。

でも、個人事業主で店名を入れられる銀行というのが、ネットバンクだけでなくとても少なく、仕事で愛用しています。
そんな大事なジャパンネット銀行のトークンが見当たらなかった時の焦り方と言ったらありませんでした。
そして、お客様サポートをみて、あまりのわかりやすさに感動しました。

ジャパンネット銀行のサポートページはこんな感じ↓

ジャパンネット銀行のサポートページ

何が困っているのか、文字だけでなく画像と共に表示されているので、細かい字を追わなくても自分の探している情報がすぐにわかります。
そして、親切だなと思ったのが、例えば紛失の場合ですが、色々なパターンがありますよね。
何か1つなのか、それともいくつかなのか。
ジャパンネット銀行のサポートページでは、それぞれの組み合わせをしっかり書いた上でナビを開始できるようになっています。

以前、楽天銀行のサポートページを見たときがあったのですが、文字ばかりで欲しい情報がどこにあるのかわからなかったんですね。
しかも、いくつかの組み合わせになる場合は、それぞれ別のページを見る必要があり、とても時間がかかり断念してしまいました(いいのか?)

だけど、ジャパンネット銀行の場合、わかりやすく表示されているだけでなく、ナビを開始すればすぐに必要な手続きがわかります。
例えば、今回の私のトークンを紛失した場合でナビを開始してみると…

ジャパンネット銀行のサポートナビ

こちらも文字と画像のわかりやすい質問で、それに答えていくだけでした。
これで、必要な手続きがわかるんですね。

結果、よーく探したところ、トークンは見つかったので、特に何もせずに済みましたが、このサポートページだけはとても印象に残りました。

ネットバンクって利率などといった面に目が向けられがちだし、もちろんそれも大切なことなのだけど、無店舗という形式だからこそ
通常よりサポートページって重要だな、と思うのですね。
ジャパンネット銀行はそれがきちんと出来ていた。

もちろん、金利・手数料と言ったお得な面も必要だけれど、選ぶ時はこういった「イザ!」と言うときに困らないところを選ぶのも重要だなと思いました。

ま、それでも、銀行系の大事なものは大切に!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする