Amazonプライム・フォトのサービスが始まったのでAmazonプライムで使えるサービスをまとめてみた。これはお得!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13

ちょっとうっかりとしている間に始まっていた、Amazonプライム・フォトサービス。
なんだなんだ?と思い早速チェックしてみました。

すると、その名の通り、写真・動画・RAWファイルが容量無制限でアップロードできるということで、現存のサービスである「Amazon Cloud Drive Photo」に機能が加わる形になるとか。

画像管理だと、Googleフォトが今は一番かもしれないけれど、googleフォトは画素数の大きい画像は圧縮されてしまうので、圧縮されないAmazonプライム・フォトは写真好きな人にはいい!と思いました。

だけど、最近Amazonプライムのサービスってどんどん追加されてきていますよね。
今ってAmazonプライムでどれだけのサービスが受けられるんだろう?と思ったので、調べてみました!

スポンサーリンク

Amazonプライムサービスって?

Amazonプライムサービス

今更、Amazonプライムサービスの説明をする必要はないと思いますが、Amazonの有料会員サービスです。
一番有名なサービスは、Amazonで購入した商品が早く届くということ。
もちろん、会員でなくとも可能ですが、非会員の場合は追加料金がかかります。
当日お急ぎ便が514円。お急ぎ便が360円。
けれど、Amazonプライム会員ならこれが無料。
Amazonで買い物をする機会の多い人はこれだけでもお得と言えますね。

Amazonプライムサービスで使えるサービス一覧

では、2016年1月23日現在、Amazonプライムサービスで使えるサービスをまとめてみます。

  • お急ぎ便やお届け日時指定便が無料
  • Amazonパントリー
  • 限定先行タイムセール
  • プライムビデオ
  • プライムミュージック
  • Kindleオーナー ライブラリー
  • プライムナウ

まとめるとこんな感じですね。

では、一つ一つのサービス内容を見ていきます。

お急ぎ便やお届け日時指定便が無料

これは先ほども書いた通り。当日お急ぎ便、お急ぎ便、お届け日時指定便の追加料金が全て無料。
しかも、月々の使用上限はないので、Amazonで良く買い物をする人にとっては、このサービスだけでも十分メリットとなります。
私も、プライム会員が切れていた時に急にプリンターが壊れ、Amazonで購入したのですが、急ぎだったので追加料金を払いました。
Amazonが一番安かったはずなのに、あまり変わらないことになってしまいました。

Amazonパントリー

要はネットスーパーですね。
パントリーボックスと呼ばれる、52×28×36cmで重さ12kgまでの日用品や食料品を手数料290円で利用できます。

イトーヨーカドーなどのネットスーパーはあるけれど、Amazonで扱っている日用品って多いですよね。
例えば、猫を飼っている人なら猫のトイレ用の砂とか。結構重くてかさばりますよね。
もちろん、シャンプーやトイレットペーパー、洗剤などといった軽いけどかさばる!というものもあります。
こんなものが52×28×36cmまでの箱に入れば290円って安いですよね。
日用品をまとめ買いする人にはおすすめです。

実際にAmazonパントリーで扱っている商品は下記を参考にして下さい。

Amazonパントリー

限定先行タイムセール

Amazonではよくタイムセールをやっています。
Amazonプライム会員では、このタイムサービスに通常会員よりも30分早く参加できます。

通常のセールと違い、タイムセールではかなりのお買得商品があったりするので、激戦となることも。
だけど、プライム会員なら30分早く参加できるので、これはタイムセールを利用する人にはいいですね。

タイムサービスでは、過去に4Kテレビが600円とか、考えられない金額になっていたことがあるので、これは要チェックです。

プライムビデオ

去年の秋に始まったばかりの新しいサービスなので記憶に新しいと思います。
このブログでも、「日本のAmazonがプライムビデオを開始!それに伴いFire TV Stickも登場!」という記事をエントリーしました。

HuluやU-nextといったサービスと同じ動画配信サービスです。
正直、動画配信サービスとしてだけの見方をするとHuluやu-nextに軍配があがります。

けれど、Amazonのサービスの中の一環としてみるなら、つまりそれだけに特化しなければ、通常のテレビでは見られない海外ドラマなどが見られるので価値はあると思います。
それ以上を求める人はHuluやU-nextなどを契約すると思うので。

それでも、プラスのサービスとしても有名なドラマは網羅しているのでいいと思います。

プライムミュージック

こちらも去年の秋に始まったばかりの新サービス。

100万曲以上の音楽が聞き放題になるサービスです。
日本のアイドルとかと言った音楽はなく、J-popも少なめかな?と思うけれど、ゲスの極み乙女。といった注目アーティストはあります。

プライムビデオもそうですが、こちらも洋楽が中心。
洋楽だと、「こんなのもある!」と喜ぶことがチラホラ。

洋楽ファンの人にはいいと思います。

Kindleオーナー ライブラリー

これはKindle本を良く読む人には嬉しいサービス。

Kindle端末またはFireタブレットが前提となりますが、Kindleオーナー ライブラリーの対象となっている電子書籍を月に1回無料で購読できます。
Kindleで本を読む人は大体、この条件を満たしていると思うので、これはほぼクリアしているんではないでしょうか。

だとしたら、オーナーライブラリーの対象本と限られてしまうけれど、この対象本の中に読んでみたい本があればこれはお得です。

ちなみに、現在のKindleオーナーライブラリーの対象本は下記を参照して下さい。

Kindleオーナーライブラリー

プライムナウ

これはお急ぎ便などと少し似ているけれど違うサービスで、2,500円以上買い物した時に1時間以内で商品を配達してくれるサービスです。

しかし、このサービスは全国ではなく、現在、東京都の世田谷区、目黒区の全域、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区といった一部地域に限られています。
この地域に住んでいる人にはありがたいけれど、その恩恵が受けられるのは今はほんのわずかな人たちだけということになります。

順次エリアを拡大していく、ということですが全国展開はちょっと難しいかもしれませんね。
なので、このサービスはみんなが使える訳ではないので、カウントしなくてもいいかな?

サービスをまとめてみて、Amazonプライム会員はお得か?

一言で言うなら、お得!と言えます。

年会費3,900円(税込み)でこれだけのサービスが受けられます。

最初にも言いましたが、Amazonで良く買い物をする人ならそれだけでお得。

Amazonパントリーなど、他サイトでもあるサービスもあるので、個々のサービスだけを見ると、「これなら別に…」と思うかもしれません。
実際、私もそう思います。

だけど、考えて見てください。
1つのサービスを利用するだけでも、結構かかりますよね。

例えば、プライムビデオ。
動画配信サービスだけとして見るなら、充実度は今ひとつです。

プライムミュージックもそうです。
音楽聞き放題サービスだけとして見るなら、他に充実しているサービスは他にたくさんあります。

だけど、動画配信サービスでHuluを契約すると月933円(税抜き)。Huluよりも見られる動画の多いU-nextは月1,990円。

そして、音楽聞き放題サービスのApple Musicやレコチョクなどありますが、大体月980円です。

つまり、動画配信と音楽聞き放題だけで最低月2,000円ほどかかりますよね。
月2,000円とすると、1年間で24,000円。

もちろん、見られる動画数や聴ける音楽数に差はあります。
けれど、その他受けられるサービスの数でいうとAmazonで勝てるところはありません。
しかも、それら全てをまとめて、年間3,900円。月に換算すると325円です。

つまり、月1回Amazonでお急ぎ便でお買い物をする。これだけで元が取れちゃうんですね。

そう考えると、Amazonプライムはお得と言えます。

結論。うん、Amazonってすごい!

Amazonプライム会員

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする