docomoが無料解約期間を1ヶ月から2ヶ月に延長。これは根本的解決になるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

昨年、総務省が携帯3社に2年縛りの是正を求めていた件で、昨年夏は色々な情報が出ていましたね。

docomoは1年縛りなどを検討すると言っていたし、auは2年だけ縛りとか、2年を超えたら割引率をアップするとか言っていました。
その後どうなったのかな、と思っていたら、docomoが無料解約期間を3月から従来の1ヶ月から2ヶ月に延長すると産経新聞が報じていました。

Ad
携帯3社無料解約月

無料解約月を2ヶ月に延長するのは、docomoは3月から、auは5月から。そして、SoftBankは3月以降できるだけ早期にという予定。

携帯の解約をしようと思った時にネックとなっていたのが、携帯会社により無料解約月が異なること。
docomoとauだと1ヶ月違う。
それに、2年もたつと自分が契約したのが正確に何月だったのか忘れてしまっていたり。
というか、更新の年だということを忘れてしまうことさえある。

この更新のタイミングを逃すと解約の際に、違約金として9800円取られる。
この違約金がくせ者で、私もau iPhoneからdocomoのiPhoneに機種変した時は、iPhone6s発売が更新月ではなかったので違約金を払った。

この2年縛りは、携帯各社が毎月の利用料金を割引するためのものだけれど、パケット通信料が以前とは違い高くなったことで、携帯の利用料金はとても安いものではない。
これでも割引しているというのだから、一体どれだけ高いんだ、と言いたいのだけれど。

それでも、昨年夏の、docomoは1年割構想やauは2年だけ縛りとか2年を越したら割引率をアップすると言っていたけれど、それはどうなったんだろう。
docomoは結局、1年構想はやめたようだし、auに関しては不明だけれど、恐らくdocomoにならうんだろうな、と。

1年縛りだの言っていたdocomoも結局、2年縛りは続投で、ただ無料解約月を1ヶ月から2ヶ月に延長するだけ。
これって、総務省が是正していたことへの回答になるんだろうか。
一応、改善はしましたよ、という姿勢なんだろうけれど。
でも、結局、この期間を過ぎれば高い違約金を取られるのは変わらないわけだし。

私的に一番理想だったのが1年縛り。
これなら、なんとか覚えていられる。
けれど2年。覚えていられる自信は全くない。
本来は、2年過ぎたらいつでも解約料金無料にして欲しいんだけれど。
後は、各社の更新月を揃えて欲しい。
でないと、うっかりが発生してしまう。
というか、通知とかしてくれないだろうか。お金取っているんだから、それ位して欲しいのだけれど。

先日、docomoが実質0円を廃止するために本体価格を値上げすると言っていたけれど、
これでは、本体価格は高くなるし、利用料金も変わらないという、今までより高くなる、という構図なんだけれど、総務省はそれでいいの?
確か、本体価格を安くすることで利用料金を高くするのは辞めさせるんじゃなかったっけ?
記憶違いかな?

なんだか、本当にどんどん携帯大手3社は酷くなっていくなと思いました。
こうなると、格安SIMに移行するしかないんだろうな。
そうした時の問題は、ミドル機のスマホなんかはSIMフリー機は出ているけれど、ハイスペックスマホのSIMフリー機がない。
日本は技適マークの問題で、海外で売っているSIMフリースマホを日本で使うという簡単な手が使えない。
海外で売っているSIMフリースマホで日本で使えるのは、日本でも売っているモデルのみ。
となると、購入するのは海外ということになる。

白ロムという手もないわけではないけれど、docomoが白ロム機のSIMロック解除はしないということになったから、
SIMフリースマホが欲しかったら、白ロムを購入して、というのはできない。
となると、海外へ行く際のスマホは海外専用にするか、ということになってしまうのだけど、それもどうなんだろう。

なんだか色々なジレンマが今の日本の携帯業界の中にはあるわけで。
格安SIMに移るのはいいとして、問題のスマホをどうするか、という問題が発生してくるという。

せめて、携帯各社がもう少しユーザー目線になってくれればそんな問題もなくなるんですけれどね。

でも、解約月延期の動き、SoftBank遅いですね。
いつも、SoftBankはそうだよね。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする