オンラインストレージのCopyが5月1日にサービス終了!代替ストレージは?やはり有料が一番

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

iPhoneでニュースを見ていたら、オンラインストレージのCopyが5月1日にサービス終了というのを見てびっくりしました。
Kドライブ終了後、Copyを使っていたので、もう言葉が出ませんでした。

Ad
スポンサーリンク

Copyがサービス終了

オンラインストレージのCopyが5月1日にサービス終了!代替ストレージは?やはり有料が一番

Copyのサイトへ行くと、上記のような案内分が出ていました。
要約すると、

CopyとCudaDrive serviceは2016年5月1日をもってサービスを終了します。
CopyとCudaDrive serviceは4年以上にわたって何百万ものユーザーにシェアされてきました。
しかし、CopyとCudaDrive service存続の財源の調達がたたず、このような決断をしなければなりませんでした。

Via:Copy

CudaDrive serviceというのもあったんですね。調べたら、ビジネス向けオンラインストレージということで、2015年8月27日に開始になったようですね。
他のオンラインストレージと違い、使用している容量だけの課金という形を取っていたようです。

Copyは、かつてNドライブやKドライブがサービスを終了した時に、代替サービスとして話題となりました。
そういう私もKドライブのサービス終了をうけてCopyを利用するようになりました。

多少重いという難点はあるものの、DropBoxと同じようにシンプルで使い勝手が良く、容量も大きかったので仕事用のファイルをCopyに置いていました。

Copy終了で代替ストレージは?

オンラインストレージは色々あるけれど、DropBoxやCopyのようにシンプルで使い勝手が良くてというと、Boxあたりでしょうか。
マイクロソフトのOneDriveやGoogleのGoogle Driveがあるけれど、両者ともに自社サービスとの連携が強すぎて、ただファイルを預けるだけというには使い辛さを感じます。
マイクロソフトなりGoogleなりのサービスと連携させて使いたい場合には便利なのですが。
なので、マイクロソフトやGoogleのサービスと連携させて使いたい人はOneDriveかGoogle Driveがおすすめです。

無料オンラインストレージがサービスを終了していくのは、Copyが初めてではないし、過去にも何社もあったので、これが無料の宿命だと思います。
(CudaDriveは有料だからちょと違うけれど)
結局サービス終了は財源ですからね。そうなるとマイクロソフトやGoogleは強いです。
この2社が終わったらどうする?という感じはありますもんね。

けれど、マイクロソフトやGoogleと連携はしない、というシンプルな使い方をする場合ではサービスが限られてきます。

私はKドライブ終了でCopyに移ってきました。だけど、今度はCopyがサービス終了。
ここで、Boxなどの無料ストレージに移ったとして、またサービス終了になったら?
縁起でもないことを言っているかもしれませんが、無料サービスとはそういうものですよね。
そうなると、さすがにまた無料のオンラインストレージを使おうという気にはなれません。

結局は有料が一番。私はどうするのか

サービス終了が無料サービスの宿命だとしたら、有料プランしかありません。
有料サービスもサービス終了が絶対にない、とは言い切れませんが、大手であればそのリスクというのは減ると思います。
マイクロソフト然り、Google然り。

けれど、mOneDriveもGoogle Driveも私の使い方には合わない。
そうなると、大手でストレージというと、やはりiCloudかな、と。
Appleなら大丈夫だろうし、iPhone使ってますし、何よりMacユーザーですからね。
iCloudが一番いいんだろうな、と思いました。
ちょうど、去年、有料もすごく安くなりましたからね。

Windowsからファイルを見たり、保存したりということもあるけれどWindows向けアプリも出ているし、基本はMacで使う方が圧倒的に多いので。

Icloud

5月1日までまだ時間があるので、今の仕事のピークが超えたらファイルを移そうと思います。

Copy、今までありがとう。

iCloud、よろしくね。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする