MacのメールクライアントInkyが改悪でログインさえできなくなった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

inky

Macでのメールは仕事で、Mailを使用しているのでプライベートのメールはInkyを使っていました。
ですが、今日、数日ぶりにメールチェックをしようとしたところ、Inkyの改悪を知りました。
これ、かなりの改悪で今までのメールさえ見れないという状態に。
こんな最悪なことはありませんでした。数日ぶりにメールチェックをしようとInkyを立ち上げたところ、下記のような画面になりました。

Inky

「Inkyは新しくなったよ!新しいInkyはOffice365もGoogle Appも他のIMAPも使えるよ」

とのこと。

えーっと、InkyはもともとIMAP使えていました。
どういうこと?と思いInkyのサイトへ行くと…

Inky2

有料プランができていました。

無料プランもあるのですが、無料プランではGmail、iCloud、Outlookのみ。
IMAPを使うには、Inky Proというコースになります。

メールクライアントで有料は珍しくないし、構いません。
使い勝手が良ければ買います。
が、このInky Proの有料は「買取ではなく、月額料金制」という改悪。

IMAPを使うがために毎月$5を払えということですか。

IMAPを使えるメーククライアントは他にもあります。
無料ではThunderbirdがあるし、有料ならMacでもいくつかあります。
それらは全て買取型。
だから、ライセンスさえ購入すれば良いだけで、毎月お金がかかるなんてことはありません。

けれど、Inkyは「IMAP使いたかったら月$5払ってね」と…。
しかも、最悪なのが、いきなりだったこと。

数日前までは普通にInkyにログインしてメールを見れていました。
この数日に一体何があったのか?

いきなりな上に、今までのメールを読むためにログインもできない。
これはちょっといくらなんでも酷すぎる改悪です。
せめて、猶予期間は欲しかった。

正直、MacでのメールクライアントでMail以外に気に入っているのがInkyくらいだったのです。
Postboxもいいと思ったのですが、使い辛くなってしまって今ではそのままです。
有料のメールクライアントが嫌なのではないですが、使い勝手やインターフェイスが気に入ったのがないんですよね。
でも、InkyでIMAPを使うのに毎月$5払うなんてバカバカしいので、またメールクライアント探しの旅です。
とりあえずは、Thunderbirdを使う予定。

MacではAirmailが人気あるけれど、どうも見辛いんですよね。
また、時間のあるときにゆっくり探したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする