Amazonの送料無料終了で考えられる客離れとプライム会員費の値上げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

なんだかとっても久々のブログ更新になります。@a_kikaです。

前回のブログ更新後、風邪を引いたのをきっかけに体調を崩しまくっていました。
という今も治りかけの風邪をまたぶり返しています。体力・免疫力共に落ちまくりです。

Amazon

昨日、ネットのニュースを見ていたらAmazonが2,000円以下の注文の場合、送料無料から350円という有料のニュースが。
一切の事前告知なしだったため、ネットではすごい話題になっていましたね。

そこで、Amazonの一部送料有料化で少し考えてみました。

事前告知なしの一部送料有料化

今回のAmazonの送料一部有料化は、事前告知なく、いきなり「今日から2,000円以下は送料350円です」ということ。
このやり方はちょっとどうなのかなぁ、と思いましたね。
せめて、数日前にでも告知をしても良かったのではないかなぁと思いました。
この辺、顧客を大切としていると言えるのか?と考えます。

ただし、2,000円以下の場合の送料有料化は仕方ないとも考えられます。
それはやはり、配送料の圧迫。
例えば、Amazonってどんなに小さな商品でもネコポスなどポスト投函となる配送はありません。必ず手渡しです。
となると、大口発送にしてもやはりコストは結構かかります。
そう考えると2,000円以下の場合は送料有料というのは当然かな、と思います。

一部送料有料化で客離れはあるか

私は客離れはあると思います。
Amazonプライム会員になっている方は多いと思いますが、そこまでAmazonで買わない人はプライム会員になっていない人も結構いると思います。
そういうユーザーにとっては、送料かかるなら他店で買うという選択肢は当然出て来ます。

また、Amazonは他店より比較的値段が高め設定です。
私は以前はAmazonのヘビーユーザーでしたが、最近は随分減りました。
例えば、ヨドバシは送料無料ですが、価格はAmazonより比較的安いです。
ただ、品揃えはAmazonの方が多いので、ヨドバシでなければAmazonで買うと言った感じでした。

今までのAmazonのメリットは多少値段が高くとも送料込みだから、という安心感だったと思います。
それが、2,000円以下は送料有料となったら、元々の価格が他店より高い物の場合、Amazonで買うメリットというのは少なくなります。
土日祝日も発送されることくらいでしょうか?
でも、それだったら、他にいくらでもあるんですよね。
なので、一部ユーザーの客離れと言うのは避けられないと思います。

プライム会員費の値上げ

ネットを見ていると、「プライム会員だから送料気にならない。年間3,900円なら得」というのを結構見かけました。
確かに、年間3,900円なら月1回Amazonを使えば元は取れます。
その上、プライム会員の特典があるとしたら、プライム会員になるユーザーは結構出てくると思います。
ですが、月額負担325円で全商品送料無料、もちろん回数制限なし、プライム特典もあるとしたらどうでしょう。
これでAmazonの送料の圧迫がなくなるとは思えません。
また、日本のAmazonではプライム会員費は3,900円と格安ですが、海外のAmazonでのプライム会員費は高いです。
少し比べてみましょう。

※4月7日現在でのレートとなります。($1=108.38円)
アメリカAmazon–$99(10,729.62円)
イギリスAmazon–£79(12,056.18円)
カナダAmazon–CDN $79(6,532.40円)
ドイツ、フランス、–EUR 49(6、038.17円)
スペイン、イタリア–EUR 19.95(2,458.40円)

スペインやイタリアは日本より安いですが、その他の国は全て6,000円以上します。
イギリスは断トツで高いですが、本家アメリカでも10,000円超えです。
スペインとイタリアのプライム会員費は安いけれど、プライムサービスは充実していません。
(ドイツやフランスもそんなに良くありませんが…)

アメリカAmazonでのプライム会員費は以前は$79だったものが、2014年3月にいきなり$20も値上げとなり$99になりました。
その背景はKindleオーナーライブラリやストリーミング配信(プライムビデオにあたります)といったサービスの充実がありました。
つまり、サービスが充実した分会費はあがるよ、ということですよね。これは当然のことです。

そこで考えて見ると、日本のAmazonも昨年からプライムサービスの充実が目立ちます。
となると、当然いつまでも今のままの価格とは考えられません。アメリカAmazonのように値上げが予想されます。

今は3,900円で送料無料、しかもプライムサービス充実で安い!と思えますが、プライムサービス充実&送料値上げが重なったらいつまでもその恩恵にはあずかれないと考えるのが普通です。
ただ、仮に値上げをしても2,000〜3,000円の値上げならまだまだお得感はありますが…。

総合的にみて、Amazonの客離れはあるか

やはり、総合的にみて客離れは逃れられないでしょう。
ただ、それでプライム会員という顧客囲い込みは増えるとは思いますが、プライム会員費が上がった場合は、その会員も一定数は失うと思います。
それでも、ビジネスとして会員囲い込みというのはメリットがあるので、一定数を逃してもAmazon的には痛くないでしょうけれどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする