docomoとソフトバンクからもXperia X Performance発売!国内版はXperia初のDマーク?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
Pocket

昨日はauがXperia X Performanceの発売を発表しましたが、今日はdocomoの夏モデル発表でXperia X Performanceが入っていました。
そしてソフトバンクからも発売になるということで、国内従来通り大手キャリア3社が揃って6月中旬に発売するということです。

そして、今日明らかとなったXperia X Performanceの最大速度を活かせるキャリアとグローバルモデルとの違いをご紹介します。

Ad
sony xperia x performance

docomoはSnapdragon 820を活かせる

Xperia X PerformanceのCPUスペックはSnapdragon 820になります。
これは、電力効率がアップすること、4K解像度が可能、通信速度は下り最大600Mbps,上り通信速度は150Mbpsが可能になるといいます。

Xperia X Performanceは残念ながら解像度は4Kではありませんが、電力効率や通信速度というのは活かせると思います。
このうちの電力効率というのはスマホ本体の問題なのでキャリアは関係ありませんが、通信速度というのはキャリアに左右されますよね。
いくらスマホの能力として、下り最大600Mbps、上り通信速度は150Mbpsが可能といっても、キャリアがそれに対応していなければ意味がありません。

今日のdocomoの発表で、「あ!」と思ったのはまさにココでした。

docomoの発表で、「Premium 4G 5月下旬提供開始」の文字が。

今の日本の携帯キャリアは4G LTEなのですが、このPremium 4Gというのは現在の4Gよりも速い受信時最大375Mbpsということ。

ちなみに、auは最大370Mbpsですが、これは渋谷など都心から順次ということで全国的には少し先になりそうです。
そして、ソフトバンクは最大262.5Mbpsとdocomoやauよりかなり落ちます。
これはせっかくのXperia X Performanceの性能を活かしきれずに残念ですね。

そこで、docomoのPremium 4G。
もちろん、auと同じで全国ではありません。一部地域からのスタートとなります。

ただ、docomoがいいな、と思ったのは下記。

docomoの375Mbpsというのは、下記のような仕組みなんですね。

docomo375Mbps

様々な周波数を合わせるのですね。

では、Premium 4Gではないエリアはどうなるのかというと、

docomo337.5
docomo262.5

とやはり周波数を組み合わせることで速度を速くするのですね。

この辺の速度という点では、docomoはいつも先駆け的存在ですね。
それに次ぐのがauという感じです。

Xperia X PerformanceのCPUスペックを活かすには、docomoが一番ということになります。
次いでauですね。ソフトバンクは少し残念…

Xperia X Performance国内版はXperia初のDマーク

まず、グローバルモデルの外観を見てみましょう。

Xperiaxg
画像元:Engadget Japanese

メタルの継ぎ目のないデザインですね。

なのですが、これが国内発売版になると、背面の下端部が樹脂になるそうです。
こんな感じ

Xperia X Performance国内版

パッと見ても、継ぎ目がわかります。

この国内版の下端部が樹脂になるのは、アンテナ特性ということです。

アンテナで継ぎ目というと、賛否両論なiPhone6以降のDマークを思い出しますよね。
この、Xperia X PerformanceのDマークはiPhoneのほどあからさまではありませんが、やはりちょっと美しさにかけるような気がします。
ちなみに、このDマークはXperia初となります。
あまり、いい初ではないですね。

しかしiPhoneはグローバル的にDマークがあるので特に思いませんでしたが、このXperiaでの初のDマークでアンテナ特性というのは、日本のアンテナは海外とそんなに違うのだろうか?と思いました。
例えば、グローバルモデルで技適マークが表示できたとしてもアンテナ特性が違うとやはり影響は出るということですよね。
そうなると、Xperia X Performanceはグローバルモデルでは技適マークは表示できないのかな?とか。

このXperia初のDマーク。さり気なくではありませんが、気にするか気にしないかは個人個人によると思います。

個人的には、このアンテナ特性によりできたということが気になり、グローバルモデルは国内では使えないかもしれない、というのが一番気になったりします。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする