Amazonから他の人の分も配送されてきた。他の人の送り状付はまずいと思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

この度、久々に猫を飼うことになり、重い物やかさばる物が多いので、色々とネットで買いました。
その中で活用したうちのひとつがAmazon。

そのAmazonさん、1つ配送ミスがあったのですね。
ただ、その配送ミスはちょっとまずいと感じるものでした。

Amazon他の人の送り状入りで届いた!今回、Amazonで購入したのは、猫トイレや子猫用の餌などなど。

そして、問題は、猫トイレが届いた時でした。

スポンサーリンク

同じ物が2個入ってた。それは、他の人の分だった

猫トイレという大きな段ボールが届いて、箱を開けて中身を取り出した時、重なっているのに気づきました。
システムトイレじゃないし、なんだろう?
と思って、取り外したところ、同じ商品が2個重ねっていました。

自分では1個しか注文したつもりはなかったけれど、間違えて2個注文しちゃったかな?
と思い、段ボールの中を見るも、いつも入っている納品書が入っていませんでした。

まぁ、納品書ないくらいは別に構いません。
ネットで注文確認すればいいだけですから。
しかし、この納品書を探している時に、大変なことに気づきました。

それは、ひとつの方に “他の人宛の送り状がテープで留められていたこと”

いやいや、梱包ミスや配送ミスは仕方ないです。
納品書忘れも、必要な人は困るかもしれませんが、まだいいです。
でも、一番まずいのは、他の人宛の納品書や送り状です。
だって、住所や名前と言った個人情報ですよ?
これは、ちょっと怖いです。
今回、私の分の納品書が入っていなかったけれど、もしかしたらその納品書も他の人のところに紛れている可能性が高い。
何しろ、梱包ミスしているのですから。

私は、他の人の分だとわかった時点ですぐにAmazonから、他の人の分が入っていたということで返品手続きをしました。

Amazonはこの辺がすごく楽でわかりやすいんですよね。
ただ、印刷して同梱するものや、段ボールに貼るべきものがあるので、正直今回は仕事が激務のなかちょっと面倒でした。
手間としてはたいしたことないけれど、少しのことをやるだけの余裕が正直なかった。
と、そんなことはいいのですが。

返品する商品と一緒に他の人宛の送り状も入れましたが、これだけは注意して欲しいなぁ、と思いました。

今の時代、ネットではあちこちでハッキングされたりで個人情報が流出しています。
ある意味、インターネットというのは仕方のない部分があります。
でも、手作業の部分では防ぐことはできますよね。

辛口なことを言っているかもしれませんが、私も同じ仕事をしているので、梱包の大変さなどはわかります。
もちろん、Amazonとは比べものになりませんが。
でも、納品書や送り状といったものは個人を特定できてしまうものです。

ネットショップをやっていると、悲しいかな色々なお客様がいます。
中には悪質な人もいるわけです。
いたずら注文や代引拒否なんて普通にあります。
もし、他人の住所や名前がわかってしまったら、いたずら注文できちゃうんですよ。
代引で、他の人の住所と名前で注文するだけですから。
本人は痛くも痒くもない。
痛いのは、ショップ側と住所と名前を悪用された人だけ。

こんな人、いるはずない、って言いたいけれど、何年もやっているとそうも思えなくなってきます。
良いお客様だけじゃないんですよ。

だからこそ、梱包や配送の時はミスがないように何度もチェックをします。
特に件数が増えると急いでしまうので、ミスが起きやすいです。
なので、件数が増えれば増えるだけ神経を使います。
商品が足りなかった、違う物が届いた等もまずいけれど、荷物が交差したりは一番怖いので。

さすがのAmazonも梱包は人がやっているので、ミスは仕方ない。
同じ物余分にただ入れちゃうだけなら仕方ない。
でも、個人情報がわかるものだけはまずいと思うんです。うん。

でも、人ごとながら、あの商品を注文した方。
猫トイレ待ってて困らなかったかなぁ?と心配しちゃいました。

まさか、他の人のところに行っていたとは思わないよねぇ。

だけど、本当に、私の分の納品書はどこへいったんだろう?
出力忘れとか、単に入れ忘れならいいけれど、他の人の荷物に紛れていたらイヤだなと思いました。
うん、それが心配。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする