ネットで見つけた水道屋さんは信じるな、危険!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

ネットの水道工事で水漏れ事件

ここのところ、ネタが歩いてきてくれています。

先日は、自分のミスから生まれたネタですが、今回のは、まさか…な、事件です。

その名も、「洗濯機蛇口水漏れ事件(命名、akika)。

ネットで見つけた水道屋さんに頼んだ結果、洗濯機の蛇口部が壁から浮いていたために水漏れとなり、壁を傷めました。

もし、引っ越して、水道で困った方は、ネットでは見つけない方がいいよ、というお話しです。

スポンサーリンク

洗濯機の蛇口交換から始まった悪夢

ネットで見つけた水道屋さんは信じるのやめようと思った洗濯機事件

まず、ことの起こりは、現在の家に引っ越して来た時。

洗濯機を設置するのに、蛇口に繋ぎますよね。

これ、そんなに大変なことではないはずなのですが、引っ越してきて洗濯機を設置しようとした時に、蛇口に入らない!

もう、どうやっても入らない。

これで3日は格闘していました。

でも、さすがに家の片付けもあるし、仕事をできる環境も整えるのに忙しかったし、何より洗濯物も溜まっていく。

業者さんには頼みたくなかったけれど、この時の心境としては、「お金はかかっても洗濯機を使えるようにして欲しい」でした。

だけど、遠方地、しかも知り合いもいない場所へ引っ越して来たので、どこの業者さんに頼んだらいいのかわからない。

そこで、ネットで検索。

そしてお願いした結果、蛇口の交換となりました。

まぁ、古ーい中古住宅だったので、蛇口もかなり古かったので、「新しいのに変えて貰ってもいっか」と思ってました。

これで、洗濯機が使えるようになったのですが、ある日、排水溝付近がぬれていました。

うちの排水まわりは、エルボーなど使用しておらず、ホースをたださし込んでいるだけだったので、ホースがきちんと入っていなかったかな?と思い、何度か入れ直すということをしていました。

でも、それでも同じ場所が濡れる。

と言っても、最初はそんなに酷くなくて、たまーにだったんですよね。

で、そのうち季節は冬となったので、父と話して、「窓の結露じゃないか」という結論に落ち着きました。

毎日びしょ濡れになっていれば、さすがにおかしいと思うけど、たまにだと、そう思ってしまったんですよね。

そして、時が経ち、今月、洗濯機周辺がびしょ濡れになっていました。

でも、この日も前日も洗濯機は回していなかった。

常識的に考えれば濡れるはずがない。

そして、蛇口と洗濯機を繋ぐ部分が悪いのでは?と思い触ってみるも、きちんと入っている。

それに、もしここから漏れるなら、洗濯機を回した時だよな〜、と思い、何気なく壁の蛇口の部分を触ってみると…

なんと、壁と隙間があった!

で、蛇口の下の壁を触るとフヤフヤに!

そう、洗濯機周辺の床が濡れていたのは、ここが原因だったんですね。

これって、施工ミス?施工ミスだよね?

でも、ここ、自分じゃできません。

だって、工具ないもん。

地元の信頼できる水道屋さんに依頼して解決

ネットで見つけた水道屋さんは信じるのやめようと思った洗濯機事件

さて、一年超しで悩まされていた洗濯機周辺水漏れ事件。

自分でできないなら、専門家に頼むしかありません。

ここで、どうするか悩みました。

  • 工事をお願いしたところに施工ミスということでお願いする
  • 信頼できる地元の水道屋さんにお願いする

最初は、前者にしようと思いました。

どう見ても施工ミスだと思うし。

そのために、どこだったか忘れていたので、楽天カードにカード使用履歴まで取り寄せましたから(これは、またネタになるなぁ)

だけど、気持ち的にもう信頼感がゼロになっていました。

後、この時に来てくれた方が、車に工具を取りに出た時に携帯で話していたのが聞こえちゃってたんですねぇ。

私の部屋の窓際に留めてあったらしくて、短い会話ではあったし、私も途中から聞いたし、最初は水道屋さんだと気づかなかったし。

その話しが、ちょっと文字にできない。ってか、いや、それどうなのよ?な内容で。

なので、やって貰っている時に、あまり気持ち良くなかったんですね。

でも、洗濯機使いたかったし、施工さえきちんとしてくれればいいや、と思ったし。

だけど、結果、施工ミスで水漏れなんてなって、壁がフヤフヤになっている現状を考えるとどうやっても信頼できなかった。

となると、地元の信頼できる水道屋さんにお願いすることなんだけど、新天地でどこが信頼できるのか全くわからんっ!

で、考えた結果、「不動産会社なら知ってるよね」と。

この家を購入した時の不動産屋さんの担当の方がすっごくいい人だったんですよ。

なので、風邪で声がまともに出ていない中電話して事情を話して、信頼できる水道屋さんを紹介して下さい!とお願いしました。

そして翌朝一番で水道屋さんから電話があり、30分ほどで来て下さいました。

で、見て貰った結果、やはり施工ミス。

そして、チャチャっと着け直してくれました。

かかった費用、0円。(後日、請求書が来ました)

調べたところ、この水道屋さん、消防署とか公的なところのもやっているとのこと。

すっごい。

結果、あんなに悩んだ洗濯機周辺の床濡れはぴたりとなくなりました。

残ったのは、蛇口下の壁のフヤフヤだけです。

うちは一戸建てなので、下の階に迷惑かけるとかなくて、究極を言ってしまえば壁がダメになったら、高いお金をかけて自分で直せばいいので、とりあえず第三者に迷惑をかけることはない。

でもさ、これ、アパートやマンションといった集合住宅だったらどうするの?

下の階の人に迷惑かけるよ。

うちも、以前住んでいた時、上の階からの水漏れで2度悩まされましたから。

床と畳がダメになり弁償して貰ったことがありますが、これ逆の立場になんてなりたくないもん。

水道って日常的に使う物ですよね。

だって、水使わずに生活なんてできないもん。

その工事で施工ミスとか、どうなんだ?

今回、急いでいてネットで検索してすぐ来てくれる、というのでお願いした結果がこういう大事になりました。

そして、直してくれた地元の水道屋さんは信頼のおけるところで。

結果、学んだことは、住宅関係におけるものは安直にネットで頼んじゃダメだということ。

だけど、地元に根付いているところだと、口コミがありますからね。

近所の人と話していて、「あそこダメだったわ〜」なんてなったら商売できませんからね。

でも、ネットで集客してればそういったことはないわけで。

うん。これから、家の関係で困ったら不動産さんに聞いてでも地元のしっかりしたところにお願いしようと思いました。

ラッキーだったのは、この不動産さんが、地元では有名なグループ企業で創業も古くしっかりしたところだったこと。

そして、担当者の方がとても親切だったこと。

あとなかなかのイケメンだったこと(あ、これは関係ないか)

ま、とにかく洗濯機の水漏れは解決したけれど、フヤフヤになった壁を見る度に泣きたくなります。

まぁ、雨漏れするとかないからいいけど、気持ち的にね、すごく凹みます。

でも、これだけは言いたい。

新天地に引っ越して、水道関係で困っても絶対にネットの水道屋さんには頼むな!

地元の信頼できる水道屋さんに頼め!

ですね。

コソっと言うと(全然コソっとじゃない?)、このネットで探した施工ミスをした水道屋さんは、アクアラインというところです。

ここはご注意下さい。

追記:その後直して下さった水道業者さんから請求書が来ましたが、2760円でした。安い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする