ハイレゾ対応スマホがあれば携帯音楽プレーヤーはいらないのか考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

ハイレゾ対応スマホがあれば携帯音楽プレーヤーはいらないのか考えてみた

AppleがiPod nanoとiPod shuffleの販売を終了しましたね。

それを受けて、iPod nanoとiPod shuffleの代替はApple Watchだとか、スマホがハイレゾ対応なんだから、携帯音楽プレーヤーはいらない、など様々に言われていますね。

確かにスマホはハイレゾ対応だけど、本当に携帯音楽プレーヤーは不要なのか考えてみました。

スポンサーリンク

そもそもAppleはなぜiPod touchだけを残したのか

そもそもAppleはなぜiPod touchだけを残したのか

via Apple

iPod nanoとiPod shuffleの販売終了を知った時、iPod touchも終わるのかと思っていました。

でも、iPod touchは残るんですよね。

他の見方があるのを承知で書きますが、iPod touchこそ終了になってもおかしくないんじゃないかと思っています。

iPod nanoもiPod shuffleも音楽を聴くことに特化しています。

昔からある携帯音楽プレーヤーです。

でも、iPod touchってiPhoneから通話機能を省いただけですよね。

これこそ、不要なんじゃないか、って思います。

そもそも、携帯音楽プレーヤーを使う人って、スマホのバッテリーを気にしたくなかったり、かさばるのがイヤだったりだと思うんですよ。

音楽プレーヤーにカメラっているの?

外出先で気軽に写真撮りたいならスマホを使うし。

まぁ、確かにウォーキングなどの時は、スマホ邪魔で携帯音楽プレーヤーだけっていう時あるけれど。

でも、メッセージなんているの?

iPod touchでメッセージなんてWi-Fi下じゃないダメじゃないの?

それだったら、Apple Watchでいいよね?

Apple Watchなら、メッセージチェックできるし、何より小型だし。

まぁ、Apple Watchは音楽に特化してませんが。

iPod touchの立ち位置の方が微妙だと思うのだけど、AppleはiPod nanoとiPod shuffleを終了させて。

まぁ、iPod touchもこの先どうなるかはわからないにしても、iPodシリーズで真っ先に終了になってもおかしくないと思うのですが。

なんで、iPod nanoとiPod shuffleだったんだろう?

ハイレゾ対応スマホがあれば携帯音楽プレーヤーは不要なのか?

ネットを見ていると、「スマホがあるんだから、わざわざ携帯音楽プレーヤーはいらない」とか、「音楽聴き放題があるのに、なんで携帯音楽プレーヤーが必要なのか」というのを見かけました。

大半は、スマホがあるから携帯音楽プレーヤーは必要ない、という意見だったけれど。

確かに、スマホで音楽を聴くメリットとして、”2台持ちしなくていい” というのがあると思う。

確かに、荷物を減らすならそうかもしれない。

それに、最近のスマホはハイレゾ対応しているものも多いし。

でも、スマホ一つで全てまかなおうとするとバッテリーの心配が出てくる。

外出先で、ネットをしながら音楽なんて聴いたら、まぁ、アプリにもよるけれどバッテリーの減りが気になる。

スマホって、ネットもできるけれど、一番の役割はやっぱり通信手段じゃないですか。

電話だったり、LINEなどのメッセージアプリだったり。

特に電話は、今は公衆電話なんて減ってきているからガラケーであれスマホであれ、ないと困る。

で、待ち合わせの時に何かの事情で遅れる時とか電話とかメッセージできないと困るよね。

そんな時にバッテリーなかったらどうするの?って思ってしまう。

バッテリー気になるなら、モバイルバッテリーを持つ?

それだったら、携帯音楽プレーヤー持って歩いた方が軽くていいじゃん。

後は、ハイレゾ対応と言っても、やっぱりスマホは携帯音楽プレーヤーの代わりにはなれない。

Xperia XZはハイレゾ対応になっているけれど、やっぱり専用プレーヤーで聴くのとは違うんですよ。

音質や音の広がりとかね。

それって当然のことで、スマホのステレオ出力って専用プレーヤーには敵いません。

スマホの機種によって音はバラバラで、高音が伸びないとか低音がダメとか、アコースティック音がダメとか何かしらある。

まぁ、音にこだわらないのならいいのかもしれないけれど、すっごく音にこだわるマニアでなくとも、「少しでもいい音で聴きたい」と思った時にスマホはどうしても限界を感じる。

だって、スマホは携帯電話なんだもん、当然。

後、音楽聴き放題サービス。

今、人気ですよね。個人的にはAmazonのを聴いたりはするけれど、果たして音楽聴き放題サービスだけで全てまかなえるのか?

メジャーどころなんかは揃っているけれど、音楽の好みって人それぞれですよね。

マイナーだったりすると、音楽聴き放題サービスにはラインナップはありません。

後、マイナーじゃないけど、ジャニーズとかあるの?知らないけど。

音楽聴き放題サービスは便利で色々聴けるというメリットはあって、否定はしないけれど、音楽の好みによっては、それでは聴けない音楽ってたくさんあるんですよ。

私なんて、好みがマイナーすぎて、音楽聴き放題サービスじゃカバーしきれないんですよ。

だから、CDはいまだに貴重なんです。

だって、ダウンロードで購入しようにも、それもなかったりするんだから。

そういう人にとっては、CDをスマホなり携帯音楽プレーヤーに取り込む必要ってどうしてもあるんです。

だから、聴き放題サービスで全てまかなえる人ばかりではない訳です。

iPodシリーズが売れなくなってきただけだと思う

ハイレゾ対応スマホがあれば携帯音楽プレーヤーはいらないのか考えてみた

Via Sony

「スマホがあるから、携帯音楽プレーヤーはいらない」っていう意見がネットで結構見られたけれど、本当にそうなんだろうか?

だったら、ソニーはとっくにウォークマン撤退してると思う。

Appleよりソニーの方が業績ヤバいでしょ。

現に、2016年のマイナビの『多数派はどっち? スマホorウォークマン、大学生が音楽を聞くのに使っているツールは……』を見てみると…

■音楽を聴く際は何を使って聴くことが多いですか?
第1位 スマホ・タブレット  118人(29.4%)
第2位 ウォークマン     106人(26.4%)
第3位 ipod          76人(19.0%)
第4位 PC   76人(19.0%)
第5位 その他  25人( 6.2%)

via マイナビ

これを見ると、確かにスマホ・タブレットというのがダントツ。

でも、2位のウォークマンって僅差だということがわかる。

で、注目したいのが3位のiPodなんだけど、かなりの差が出ている。

これを見ると、携帯音楽プレーヤー自体が人気なくなってきているのではなく、iPodシリーズだけが落ちているんだとわかる。

確かにね、iPodシリーズ、はじめは売れましたよね〜。

だって、小さいしかわいいし、Mac愛用者はiTunes使っているからiPodシリーズは便利だった。

私も使ってました。

でも、”音を聴く” という点で見ると、正直、音質がいいとは言えなかった。

どうやってもウォークマンシリーズには勝てなかった。

それが、上の結果に出ているんじゃないだろうか。

確かにね、ソニーの場合は音楽転送のアプリがイマイチというのはあるけれど。

そして、価格.comで携帯音楽プレーヤーのランキングを見ていると、満足度ではiPodシリーズは低くなってしまう。

2017年8月現在では、ソニーのウォークマンシリーズだけでなく色々なメーカーが上位にきているけれど、iPodシリーズは13位にやっとiPod nanoが入っている程度。

ここからは記憶になってしまうので、曖昧で間違っているかもしれないけれど、iPodシリーズが満足度で上位にきていたことはあったよね?

つまり、携帯音楽プレーヤーの人気がなくなったんじゃなくて、単純にiPodシリーズの人気が落ちてきただけだと思う。

さいごに

マニアではないけれど、そこそこ音にこだわる人間として考えてみました。

もちろん、スマホの音で十分!っていう人が多いのも事実だし、それはそれでいい。

でも、iPod nano/iPod shuffleの販売終了=携帯音楽プレーヤー不要ではない、と言いたい。

単に、AppleがiPodシリーズを切っただけだと思う。

Appleはすごくシビアだから。

それだけの問題だと思う。

私個人としては、今は携帯音楽プレーヤーを使ってません。

最後に買ったiPod nanoはあまりにも使わないので、手放しました。

たまに、欲しいな、と思うこともあるけれど、現状家で仕事をしている身なので携帯音楽プレーヤーが必要ない。

後、最近は純粋な散歩っていうのが減ったから。

買い物と散歩を兼ねているから、そうするとね、音楽を聴いているというのが邪魔になる時がある。

もちろん、外でお茶している時に音楽聴きたいと思うことがないわけではないけれど、時間としてわずかでしかないから、家に帰ってから聴いています。

まぁ、でも、買うならウォークマンシリーズかなぁ?

ハイレゾ対応はたくさんあるけれど、ハイレゾ対応でノイズキャンセリング搭載って少ないから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする