Macで簡単なバナーを作成するなら無料のKeynoteがおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

Macで簡単なバナーを作成するなら無料のKeynoteがおすすめ!

Macでバナーを作りたい時、有料だとPhotoshopやPixelmator、無料だとGIMPあたりを使うことが多いと思いますが、ブログで使用するバナー程度なら有料アプリを買う必要もないし、無料でもわざわざ重いGIMPを使う必要もありません。

Keynoteで十分です!

Keynoteでの文字入れ画像のの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

今回作ったバナーはこちら↓↓

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

画像に、「夏休み」という文字を入れただけ。

これくらいのバナーを作る方法です。

1. Keynoteでシートを作成する

Keynoteを立ち上げたら、ホワイトのシートを選択します。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

2.バナー背景を指定する

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

画像を挿入するのは、ドラッグ&ドロップでOKです。

もし、画像でなく、四角などの図形を使用したバナーを作りたい場合は、「図形」から使いたい図形を選択します。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

3.文字を入力する

「テキスト」をクリックし、文字を入力します。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

文字の大きさや色も右側のパネルから指定できます。

ただ、文字の縁取りはできません

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

4.データを書き出す

文字入力ができたら、データを書き出します。

データの書き出しは、「ファイル」→「書き出す」→「イメージ」へ進みます。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

「次へ」をクリックします。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

そして、名前を入力して、「書き出す」をクリックします。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

5.書き出したイメージを切り取る

上記で書き出した画像は、フォルダに入っています。

私が書き出したのは、こちら↓↓

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

このフォルダの中に先ほど作成したイメージがあるので、これをクリックして”プレビュー” で立ち上げます。

プレビューで切り取りたい部分を選択します。

長方形で選択、または楕円選択、もしくはスマート投げなわで選択可能です。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

後は、名前を付けて書き出して終わりです。

MacのKeynoteで簡単なバナーを作る方法

プレビューでは、画像サイズの変更もできるので何かと便利です。

さいごに

Keynoteでは文字の縁取りができない、という点がありますが簡単な文字入れ程度のバナーであれば文字の縁取りがなくてもOKということありますよね。

そんな時は、わざわざ重いアプリを立ち上げなくても、Keynoteとプレビューで大丈夫です。

重いアプリを立ち上げる必要もないし、特に技術も必要ないので、バナーをはじめて作る方でも大丈夫なのではないでしょうか。

私も今までは、わざわざPhotoshopを立ち上げていましたが、これからは簡単な文字入れならKeynoteでやろうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする